作品数:62作品
62件中 1120件を表示
  • 被災地につなげる災害ボランティア活動ガイドブックの書影 693円 2020/12/25

    被災地につなげる災害ボランティア活動ガイドブック

    合田茂広/上島安裕/災害ボランティア活動ブックレット編集委員会 一般教養

    「ひとりの100歩よりも、100人の1歩」と、著者は被災者に寄り添う災害ボランティアのあり方を例えます。本書では、事前準備や安全管理の大切さとその具体的な内容をわかりやすく解説しています。被災地における活動の実際、被災された人々の気持ちに寄り添う心構え等は、必読です。災害ボランティアセンターも多様な主体により運営されるようになった今日、関係者が連携・協働して支援を進めるうえでも、情報の共有、共通認識が不可欠です。活動にかかわる方々に、ぜひ身近に備えておいていただきたい1冊です。(2019年7月刊

  • 原敬と新渡戸稲造 戊辰戦争の敗北をバネにした男たちの書影 1870円 2020/12/18

    原敬と新渡戸稲造 戊辰戦争の敗北をバネにした男たち

    佐藤竜一 人物評伝

    岩手が生んだ日本の偉人二人の関係と業績を分かりやすく紹介。政治が一極に偏り、世界平和が混乱している現在、日本が生んだ二人の偉人を見直し、国のあり方と世界平和を考えるきっかけにしたい。原・新渡戸も共に盛岡藩の士族として生まれ、戊辰戦争の敗北の屈辱をバネに、飛躍した。原は政界に入り、初めての政党内閣を組織し、新渡戸は学者として、Bushido: The Soul of Japanを英文で著し、世界に日本精神を伝えた。また、国際連盟事務次長として東京女子大初代学長として活躍した。高橋克彦氏帯で推薦!【

  • ブリヂストン石橋正二郎伝 久留米から世界一への書影 1980円 2020/12/18

    ブリヂストン石橋正二郎伝 久留米から世界一へ

    林洋海 人物評伝

    福岡県久留米に生まれ、小さな足袋屋から身を起こし、地下足袋を考案し、当時日本では無理といわれた自動車のタイヤ製造を始め、ついに世界一のタイヤメーカーに育て上げたブリヂストンの創業者・石橋正二郎の生涯を活写した伝記。【目次】序 昭和恐慌の真っ只中に創業した石橋正二郎第一章 久留米と正二郎事業家石橋正二郎を育んだ祖父安平と久留米商業足袋王国久留米の魁となった倉田雲平第二章 実業家への途大実業家への道を拓く正二郎独創が独走を生むことを知る価格革命で市場を制する大実業家石橋正二郎の誕生世界商品で世界を制

  • ぼくの村は壁で囲まれた パレスチナに生きる子どもたちの書影 1650円 2020/12/18

    ぼくの村は壁で囲まれた パレスチナに生きる子どもたち

    高橋真樹 ノンフィクション

    何世代にもわたり、故郷に帰れないパレスチナ難民。700キロにも及ぶ巨大な壁に囲まれ、軍隊に脅されて暮らす子どもたち……。パレスチナの子どもをめぐる状況は、日増しに悪化している。そんな中、新たに誕生した米国のトランプ政権は中東をさらに混迷させるのか? 占領とは何か? エルサレム問題とは? パレスチナで誕生した新しい非暴力ムーブメントとは? 中東はもちろん、世界情勢を知るための必読書。【目次】はじめに――パレスチナ問題から世界が見える1章 壁と入植地に囲まれたぼくの村2章 「占領」とは何か?3章 パ

  • 今ひとたびの高見順 最後の文士とその時代)の書影 2420円 2020/10/09

    今ひとたびの高見順 最後の文士とその時代)

    山田邦紀 人物評伝

    昭和を代表する作家の一人である高見順(1907:明治40年~1965:昭和40年)の生涯から、昭和という時代を見直し、現在の社会状況を照射する。高見順らが経験した言論弾圧、戦争する体制下での暮らしが、今また不気味な影となって日本の社会に迫っている。【目次】まえがき第一章 出生第二章 生い立ち第三章 関東大震災第四章 プロレタリア文学への道第五章 恋愛と最初の結婚第六章 検挙、拷問、そして転向第七章 再出発第八章 戦時下の順第九章 順が見た戦場第十章 猛烈な創作活動中に発病参考・引用文献高見順 年

  • 新聞記者・桐生悠々 忖度ニッポンを「嗤う」の書影 1870円 2020/10/09

    新聞記者・桐生悠々 忖度ニッポンを「嗤う」

    黒崎正己 ノンフィクション

    明治末から昭和初期にかけてファシズム批判を展開し、信濃毎日新聞主筆時代に書いた社説「関東防空大演習を嗤(わら)ふ」が陸軍の猛反発を招いたことで知られる石川県出身のジャーナリスト・桐生悠々の評伝。本文中の俳優・中村敦夫氏発言「彼が警告していることは、まさに今ね、びしびしと現代社会に当てはまるようなことを言ってんですよ。要するに、全然人類社会は進歩していないじゃないか。桐生悠々は未来、未来と言っているけど、未来は今ですよ」。本書を一読すると、悉くその先見性に驚かされる。【目次】プロローグ――桐生悠々

  • 【増補改訂版】コンゴ共和国 マルミミゾウとホタルの行き交う森からの書影 2420円 2020/10/09

    【増補改訂版】コンゴ共和国 マルミミゾウとホタルの行き交う森から

    西原智昭 ノンフィクション

    中部アフリカのコンゴ共和国で、いま何が起きているのか――。熱帯林に生息するゾウやゴリラなどの生態調査、環境保全に携わる中での内戦や森林伐採業との対峙、貨幣経済の浸透が先住民に与える影響など現場のリアルを伝える。今回増補改訂版で、ゲリラ豪雨やエボラ出血熱など最近世界を揺るがせている問題とコンゴ共和国との関係を浮き彫りにする新章が加わった。京都大学総長・山極壽一氏推薦。【目次】プロローグ1.熱帯林とゴリラとの出会い2.虫さん、こんにちは3.森の中で生きるということ4.熱帯林養成ギプス、内戦、そして保

  • ふたりぱぱ ゲイカップル、代理母出産(サロガシー)の旅に出るの書影 1870円 2020/10/09

    ふたりぱぱ ゲイカップル、代理母出産(サロガシー)の旅に出る

    みっつん 一般教養

    スウェーデン人男性と同性婚をしたみっつんの人気ブログ『ふたりぱぱ』の連載「サロガシーの旅」の書籍化。ゲイが子どもを持ちたい時、ゲイが子どもを授かる方法、サロガシー(代理母出産)のプロセスなど、ゲイカップルが子どもを授かるまでの“旅”をリアルに語るエッセイ。みっつんのまっすぐで慎重な言葉が、「母性、父性ってなんだろう?」「子どもを持ちたい気持ちに性別や家族のかたちは関係ない」、そんな気持ちにさせてくれる。東ちづるさん推薦!【目次】まえがきStep1 旅の準備は知識と情報の荷造りから[コラム1]「グ

  • 大相撲の道具ばなしの書影 1320円 2020/10/02

    大相撲の道具ばなし

    坂本俊夫 雑学/知識

    大相撲興行に欠かせない“道具”に注目! 「廻し」「軍配」はもとより「明け荷」「相撲膏」など知られざるものにも焦点をあて、歴史的ないわれから現在の使われ方まで縦横無尽に語る。道具にまつわるエピソードを知れば“相撲愛”が増す。【目次】はじめに第一章 力士の身のまわり第二章 行司・呼出・床山の身のまわり第三章 土俵とそのまわりおわりに

  • おてんとうさんに申し訳ない 菅原文太伝の書影 1980円 2020/10/02

    おてんとうさんに申し訳ない 菅原文太伝

    坂本俊夫 人物評伝

    映画俳優として確固たる地位を築き、多くの人から愛された菅原文太氏。ただ、「映画俳優」が彼のすべてではない。彼は2014年11月に他界する少し前に「日本を再び戦争をする国にしてはならない」という思いから命を削って沖縄県知事選の応援に臨んだ。また、「政治の最大の責任は国民を飢えさせないこと、戦争をしないこと」という信念から無農薬有機農業を始め、さらにはラジオや雑誌の対談に同様の問題意識を持つ専門家を呼び、積極的に発言してきた。今改めて、我々は菅原文太氏の最後のメッセージを考えていく必要がある。【目次

62件中 1120件を表示

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com