作品数:180作品
180件中 110件を表示
  • 始まりは頻尿の書影 432円 2018/11/01

    始まりは頻尿

    今岡清 エッセイ

    頻尿に悩まされて訪れた医院で、念のためと前立腺がんのためのPSA検査を受けたところ基準値4.00のところを44.0もあることが判明する。さっそく専門病院に紹介されさらに精密な検査を受け、前立腺がんの疑いは確定してしまった。しかも恥骨への転移まで発見されて始まる治療の日々。場所が場所だけに発生する失禁、脱糞事故などのさまざまな苦労を、Facebookに投稿した記事をまじえつつ赤裸々かつ脳天気につづった異色の闘病記。 【目次】 プロローグ 青天の霹靂 金的設置 放射線照射の日々 未完

  • サンフランシスコで会いましょう♪の書影 399円 2018/09/20
    注目作品

    サンフランシスコで会いましょう♪

    ワイズりか エッセイ

    アメリカにアメリカという街はありません。どの街へ行こうか…? 旅行に留学、絶対に失敗したくないというあなたに、サンフランシスコをご紹介! 西海岸の世界都市で、多様な人種と文化が入り交じるサンフランシスコ。全米で最も歩きやすい街とも言われ、どこか懐かしさを感じる雰囲気にきっとあなたも満足するはず。20年以上この街に住んでみて分かった、名所・食・イベントの数々をイラスト付きエッセイでお届けします! ウェブやSNSだけでは"本物"は分かりません。ぜひ、サンフランシスコで会いましょう♪ 【目

  • 《花シリーズ Vol.2》散花の書影 388円 2018/09/01

    《花シリーズ Vol.2》散花

    夢涙月 文学

    滝沢馨はごく普通のサラリーマンであった。ある日偶然美咲小路で出会った似顔絵描きの藤本美咲に一目惚れしてしまい、滝沢の懸命なアタックで二人は付き合う事となる。幸せな日々がずっと続くものだと思っていた二人だったが、運命はそんな二人に人並の幸せは与えてくれなかった。

  • キモノにハマってね!の書影 432円 2018/08/20

    キモノにハマってね!

    中島梓 エッセイ

    中島梓はパーティや観劇などに外出する時ばかりでなく、日常生活も着物で過ごすことが多かったほどの着物愛好家だった。自身で運営するホームページ、神楽坂倶楽部でも着物に関するエッセイをいくつか連載していたが、本書は2005年から翌年にかけて連載された「着道楽」が収録されている。またエッセイのほか、生後まもない頃から亡くなる前月のライブまで、他で見ることの出来ない貴重な着物姿の写真90点以上を集めたアルバムも収録している。

  • 《花シリーズ Vol.1》咲花の書影 250円 2018/08/20

    《花シリーズ Vol.1》咲花

    夢涙月 文学

    ちょっとした偶然で、人は時として勇気を与えられる事があります。女子高生宮本明日香とストリートミュージシャンとのささやかな交流の物語。読み終えたら貴方にもきっと勇気が湧きあがります。

  • Casa 〜帰る場所〜の書影 1080円 2018/07/20

    Casa 〜帰る場所〜

    春瀬由衣 ファンタジー

    同時並行世界をまたぎ、謎の力「特殊能力」を巡る大国の陰謀に抗いながら、自らのルーツが徐々に明らかになっていく……。最終的には悲劇に落ち着きますが、題名である「帰る場所」にきっと何かを感じられるはず。長編ファンタジー、完結。 【目次】 序章 第一章 記憶喪失 第二章 能力 第三章 未開の地 第四章 隠れ里 第五章 水源 第六章 帝国の真意(マーサ) 第七章 能力と惨禍~始まりの記憶~(ガザ) 第八章 能力と惨禍~帝国の歴史~ 第九章 原子の火 第十章 帰る場所

  • 花陽炎の書影 475円 2018/06/20

    花陽炎

    栗本薫 詩/短歌/俳句

    1984年に自費出版された栗本薫の短歌集。出産、育児によって活動を抑えていた1983年から84年にかけて、奔流のように湧き出した短歌が収録され、耽美、浪漫、頽廃などがキーワードとなる栗本薫の創作のモチーフが直截に表現されている。栗本薫の耽美小説群のファンのみならず、創作の源泉を垣間見させる栗本薫を知る上での好個の書。

  • モシュリーマンの書影 345円 2018/06/20

    モシュリーマン

    辻六道 文学

    平凡なサラリーマンである町田が、突然の親の死に直面し、何をどうして良いかもわからないままの状態から未経験の喪主を務め、更にその後に山積・襲来する課題に戸惑い悩みながらも取り組み、遺品の山を発掘して必要なものを収集・準備し、四十九日法要を終えるまでの苦闘の軌跡を可能な限りリアルに描く。普段語られることの少ない親の死について書かれた内容を読者が自らの境遇に落とし込むことで、いずれ訪れる親の死後へのシミュレーションとなるとともに、頭の片隅に浮かぶ漠然とした不安の軽減に少しでも役立つものと思料。

  • こげなお人ではなか! 発見された西郷隆盛の写真の書影 500円 2018/04/27
    注目作品

    こげなお人ではなか! 発見された西郷隆盛の写真

    茶屋二郎 歴史/時代小説

    明治7年。陸軍省で撮られたという、一枚の集合写真。写っていたのは山縣有朋、勝海舟といった元勲たち。その中に、なんと西郷隆盛がいると言う。しかし、一般に伝わるその人とは、似ても似つかない姿で写っていた。本当に西郷隆盛なのか? 地道な調査・検証から真実を導き出す歴史ミステリー。 【目次】 1 ミスト 2 カール・カッペン 3 ジュリアスのポートレート 4 廃藩置県 5 顔認証 6 西郷隆盛の実像 7 天才児津田出 8 審判 あとがき 参考資料

  • 珠玉天王寺屋——五世中村富十郎の書影 756円 2018/04/20

    珠玉天王寺屋——五世中村富十郎

    山田凉子 その他文芸

    伝説的歌舞伎役者、十五代目羽左衛門の舞台を13歳で見てより歌舞伎の魅力に取り憑かれた山田凉子は、六代目菊五郎、初代吉右衛門、七代目幸四郎などの名優の舞台に接して歌舞伎への鑑賞眼を磨いてきた。そして1961年に当時鶴之助を名乗っていた中村富十郎に魅せられた彼女が、半世紀に渡る観劇記、交流をまとめたものが本書である。あくまでもファンの視点から書かれてはいるが、自身も長唄の名取りであり幾度か富十郎の踊りと共演も果たしている著者の富十郎評は的確。本格的な評伝のない現在、歌舞伎研究書としても貴重である。

180件中 110件を表示

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com
  • 漫画家・佐藤秀峰などの作品販売公式サイト
    マンガonウェブ