作品数:249作品
249件中 110件を表示
  • 月刊 ココア共和国 2021年3月号の書影 275円 2021/02/28
    新着作品

    月刊 ココア共和国 2021年3月号

    秋亜綺羅佐々木貴子秋吉久美子いがらしみきお 詩/短歌/俳句

    毎月、読者から詩作品を募り、新鮮な抒情や、理論と方法論の実験に満ちた、素敵な作品たちをていねいに編んでいきます。その投稿詩は、秋吉久美子賞、いがらしみきお賞、YS賞への応募作とみなされます。受賞者は3月に発表されます。今月のゲストは、秋吉久美子、いがらしみきお、池井昌樹、鈴木そよか、高橋英司、高平九の6名。投稿詩傑作集として32名、投稿詩佳作集として123名の詩人が登場。毎号、投稿詩を中心に編集していく予定です。詩は楽しくて、深いものだと感じてもらえる編集に努めます。【目次】鈴木そよか - 巻頭

  • 時間探偵の書影 880円 2021/02/26
    新着作品

    時間探偵

    紫村盆水 エッセイ

    神話のなかの神々の戦争とは何だったのか、迷信と誤解が及ぼした混乱の原因を探り、世界中のミステリー。スポットを空想で旅するファンタジー。【目次】第1章 偶然の賜物第2章 時空旅行へのチケット/宇宙卵/改竄疑惑第3章 エデンの秘密第4章 シュメール・アヌンナキ説第5章 無慈悲な異星人の干渉第6章 火星サイドニア仮説/ビブリカル・エクストラテレストリアル・コンタクト/山本佳人スペース・プログラム説/古代宇宙文学の系譜第7章 宇宙的痕跡/古代宇宙戦争の様相第8章 人種戦争とレイス・フォビアの起源第9章 

  • 寡黙なる饒舌 建築が語る東京秘史 [電子改訂版]の書影 1870円 2021/01/29

    寡黙なる饒舌 建築が語る東京秘史 [電子改訂版]

    若山滋 エッセイ

    東京駅が皇居を向いて建設された理由など建築と権力の関係や、明治期に活躍したジョサイア・コンドル(ニコライ堂、帝室博物館、鹿鳴館などを設計)やフランク・ロイド・ライト(東京帝国ホテル、自由学園などを設計)などの外国人建築家とその弟子たちの手による建築物の紹介、そして辰野金吾や安藤忠雄、村野藤吾、篠原一男などの建築家の作風や建築観を詳解する。軽くするすると読める筆致ではあるものの建築家ならではの鋭い視点が興味深く、知的好奇心を刺激される。建築家・東京大学特別教授 隈研吾氏推薦。【目次】Ⅰ・天皇の街東

  • 断言 読むべき本・ダメな本 新教養主義書評集成 経済社会編(ele-king books)の書影 2393円 2021/01/29

    断言 読むべき本・ダメな本 新教養主義書評集成 経済社会編(ele-king books)

    山形浩生 文学

    宣伝でも素朴な感想文でもない、本当に “読者の役にたつ書評” とはこれだ!長年にわたり価値を失わない良書をしっかり紹介し、ベストセラーであろうとダメな本は徹底的に批判する──辛口書評家が30年ちかくにわたり書き綴った膨大な書評より、経済、ビジネス、経営、政治、歴史、社会などの分野をここに集成!【目次】はじめに:書評について第1章 経済第2章 ピケティ/格差第3章 ケインズ第4章 クルーグマン第5章 ファイナンス第6章 経営第7章 ビジネス第8章 政治第9章 歴史第10章 思想・ノンフィクションお

  • WHAT ARE YOU DOING THE REST OF YOUR LIFE <矢代俊一シリーズ8>の書影 500円 2021/01/29

    WHAT ARE YOU DOING THE REST OF YOUR LIFE <矢代俊一シリーズ8>

    栗本薫 ボーイズラブ

    妻子を故郷の長野に移住させた金井恭平は、東京に戻ることがなくライブに穴をあけることもしばしばだった。その穴を埋めるために出演した矢代俊一は、金井が新興宗教とのトラブルに巻き込まれたことを知る。そしてライブ終了後、俊一に会うためにひそかに店の近くに待ち受けていた金井と逢瀬の時を過ごすが、そこで知ったのは金井が抜き差しならぬ窮地に追い込まれていることだった。その毒牙はさらに俊一にも迫りくる。やはり金井のトラとして出演したライブの客席に、異様な黒服の一団が姿を現すのだった……矢代俊一シリーズ第8巻。

  • 月刊 ココア共和国 2021年2月号の書影 275円 2021/01/28

    月刊 ココア共和国 2021年2月号

    秋亜綺羅佐々木貴子秋吉久美子いがらしみきお 詩/短歌/俳句

    毎月、読者から詩作品を募り、新鮮な抒情や、理論と方法論の実験に満ちた、素敵な作品たちをていねいに編んでいきます。その投稿詩は、秋吉久美子賞、いがらしみきお賞、YS賞への応募作とみなされます。受賞者は3月に発表されます。今月のゲストは、青木由弥子、秋吉久美子、いがらしみきお、佐山則夫、鈴木そよか、田中傲岸の6名。投稿詩傑作集として34名、投稿詩佳作集として127名の詩人が登場。毎号、投稿詩を中心に編集していく予定です。詩は楽しくて、深いものだと感じてもらえる編集に努めます。【目次】鈴木そよか -

  • 一歩先は崖の書影 275円 2021/01/08

    一歩先は崖

    眞弓保治 文学

    一郎は何でも誰よりも先に手掛ける。手本になる物が無いので結果失敗する。時代が変わると一郎が苦心して挑んだ事を企業が手掛け成功した。それでもこりず一歩先を信条として生きている。【目次】・従兄弟の訪問・連帯保証人・京漬物・京都へ・漬物の準備・偽の新店舗・破産・事件・遺体遺棄・ダイナマイト・手を吹き飛ばす・誰か見ている・火事

  • 月刊 ココア共和国 2021年1月号の書影 275円 2020/12/28

    月刊 ココア共和国 2021年1月号

    秋亜綺羅佐々木貴子秋吉久美子いがらしみきお 詩/短歌/俳句

    毎月、読者から詩作品を募り、新鮮な抒情や、理論と方法論の実験に満ちた、素敵な作品たちをていねいに編んでいきます。その投稿詩は、秋吉久美子賞、いがらしみきお賞、YS賞への応募作とみなされます。受賞者は3月に発表されます。今月のゲストは、秋吉久美子、いがらしみきお、岩佐聡、クマガイコウキ、鈴木そよか、土屋智宏、野村喜和夫の7名。投稿詩傑作集として30名、投稿詩佳作集として128名の詩人が登場。毎号、投稿詩を中心に編集していく予定です。詩は楽しくて、深いものだと感じてもらえる編集に努めます。【目次】月

  • キジムナーkidsの書影 1870円 2020/12/25

    キジムナーkids

    上原正三 文学

    出会い、友情、冒険、好奇心、別れ……そして、希望。少年期特有の感性をノスタルジックに綴る感涙の自伝小説。「命(ぬち)どぅ宝」沖縄の犠牲、痛みをのりこえた〝キジムナーkids〟を、ウルトラマンのシナリオライターがみずみずしく描く。第33回坪田譲治文学賞受賞!【目次】プロローグギブ・ミーガジュマル配給所ポーポー帰郷御嶽の村ハブジローひめゆり学徒隊フリムン軍曹ユタベーグァとメェ助サンデーセンスルーハルちゃんの夢タウチーペニシリンハブ谷のラッパ海へあとがき

  • 小説 外務省Ⅱ 陰謀渦巻く中東の書影 1760円 2020/12/25

    小説 外務省Ⅱ 陰謀渦巻く中東

    孫崎享 文学

    主人公は、前作『小説 外務省――尖閣問題の正体』に続いて1977年生まれの外交官・西京寺大介。今作の舞台は、イランの首都・テヘラン。イランの日本大使館に左遷された西京寺とCIAのエージェントが繰り広げる苛烈な情報戦を通して、“世界の火薬庫・中東”を巡るアメリカの暗躍とそれに隷従する日本外交の無為無策を炙り出す。傑作ノンフィクション・ノベル!【目次】イランへの赴任イランの西京寺とルクサナ西京寺の奔走「イスラム国」、日本人拘束殺害事件テロ

249件中 110件を表示

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com