作品数:631作品
631件中 301310件を表示
  • 東海道新幹線 車窓の爆笑ウンチク 727連発の書影 313円 2015/09/11

    東海道新幹線 車窓の爆笑ウンチク 727連発

    土天海 サブカルチャー

    東海道新幹線沿線の爆笑ウンチクを727個集めました。 ●くしゃみの速度は新幹線よりも速い ●駅の両側で地価の差が一番激しいのは新横浜駅 ●富士山が見えている時間が一番長いのは新横浜~小田原間(全新幹線の中では大宮~小山間) ●エスカレーターの右立ち、左立ちの境界は関ヶ原にある。西の境界は兵庫-岡山県境にある ●清水の舞台から実際に飛び降りた人の生存率は85.4%である ●地球の中心から測ると、東京タワーより通天閣のほうが高い 短い項目・解説が多数集まる本書は、電子書籍で読むのに最適

  • きみのためのバラの書影 108円 2015/08/21

    きみのためのバラ

    池澤夏樹 文学

    車内に置き去りにされた不審なバッグから離れようと妻に促されて、満員電車の中を移動しながら、男はかつて同じように混み合う客車の中を進んで行ったことを思い出す。ずっと昔の、日常の中でテロリストの存在を考えなくて済んだ時代。彼が手にしていたのは一本のバラだった。

  • 20マイル四方で唯一のコーヒー豆の書影 108円 2015/08/21

    20マイル四方で唯一のコーヒー豆

    池澤夏樹 文学

    不登校となった少年が知人の写真家に連れられて、カナダのブリティッシュ・コロンビアの島嶼地方へ旅をする。大自然の営みに触れ、自然体で生きる人々と出会う中、小さな“事件”をきっかけに、少年の心の枷が外れていく。

  • レシタションのはじまりの書影 108円 2015/08/21

    レシタションのはじまり

    池澤夏樹 文学

    アマゾナスの山奥に暮らす先住民に密かに伝えられていたンクンレ。その不思議な言葉を唱えると、荒ぶる人の心が鎮まり、怒りや不安が消える。ある若い男が激情に駆られて妻を殺してしまうという事件をきっかけに、ンクンレは世界に広まることとなり、レシタションと呼ばれるようになった。 争いのない世界への願いが込められた、奇跡の寓話。

  • かく云へばの書影 540円 2015/08/20

    かく云へば

    二上貴夫 詩/短歌/俳句

    作者は、平成十八年に第一句集『秌天(しゅうてん)』を刊行し、平成二十四年、俳誌『詩あきんど』を創刊したが、この『秌天』以後『詩あきんど』以前の凡そ七年間をまとめた集である。 作者にとっての、この七年間のおおきな出来事は加藤郁乎氏らと共に「宝井其角三百回忌」を江戸東京博物館にて催し、其角の墓がある神奈川県伊勢原市「上行寺」にて修したことである。これを機縁に、毎年上行寺にて四月の第一土曜日に「晋翁忌俳諧興行」を催すことになり、平成二十七年現在、十回を数えた。 【目次】 秦野八景 九句 吊

  • 文章生活20年。現役ライターが初めて教える文章のコツ講座の書影 778円 2015/08/10

    文章生活20年。現役ライターが初めて教える文章のコツ講座

    古田靖/仲俣暁生/波野發作 ビジネス教養

    5W1Hは書けて当たり前。通り一遍の取材を超えて、取材相手当人すら気がついていなかった言葉をもらうために何をすればいいのか?取材に同行する編集者やカメラマンの役割は何なのか?予備知識を整理する4折メモや取材ノートの使い方を含めて、ライター業を知り尽くした古田靖が創作にもノンフィクションにも使えるプロのノウハウを解説する。好奇心を持て、相手をリラックスさせろ、読者を意識しろ、玄人ぶるな、出されたお茶は飲め、うなづきマンを連れて行け等、数々の成功例、失敗例が語られる。 (講演日2015年6月20日

  • 電子出版、独立作家の執筆・出版手法の書影 778円 2015/08/10

    電子出版、独立作家の執筆・出版手法

    藤井太洋/仲俣暁生/鷹野凌 ビジネス教養

    通勤時間にiPhoneで書いたという初めての小説『Gene Mapper』から4年、藤井太洋は『オービタル・クラウド』で2015年日本SF大賞を受賞した!この間、藤井太洋はどのようにして構成力を上げ、筆力を磨いてきたのか。なぜ、iPhone、iPad、Kindle、文庫、単行本、あらゆる形態の本に文章を合わせられるようになったのか。デジタルメディアを使いこなし、セルフ・パブリッシングから商業出版へと進んだ藤井自身が作家志望者に向けて執筆ノウハウを実践的に解説する。 (講演日2015年5月16日

  • メディア・リサーチ 〜メディア企業の経営ビジョン〜の書影 500円 2015/08/10

    メディア・リサーチ 〜メディア企業の経営ビジョン〜

    サテマガ・ビー・アイ(株) 企業/組織論

    メディアサービスと視聴デバイスの多様化は、消費者のメディア接触を変えた。この状況にテレビ局や有料放送事業者はどう対応しているのか・・・。月刊『B-maga』では、2014年12月号~2015年4月号にかけて、メディアアナリストである鈴木祐司氏がメディア企業トップにインタビュー、各局の実情と将来展望を探るシリーズ『メディア・リサーチ』を展開。NHK、日本テレビ、WOWOW、毎日放送、ヤフージャパンと、メディア企業トップの声を1冊に。 【目次】 第1回 日本テレビ放送網(株) 小杉善信氏

  • 夏の朝の成層圏の書影 594円 2016/02/05

    夏の朝の成層圏

    池澤夏樹 文学

    思わぬ事故で船から海に投げ出された青年は奇跡的に無人島に漂着する。南の島で自然の試練にさらされながらも、自然と一体化する至福を知ることになる。それは、「まるで地上を離れて高い空の上で、成層圏で暮らすようなものだった。」 やがて文明社会に戻る機会を得るが……。 島の精霊たちとの交感、プリミティブな暮らしの深淵な充足感が描かれる一方で、人々が去ってしまった楽園の影に映る「暴力」の歴史も示唆される。 文明というものへの懐疑と人間の性を美しい小説に描き上げた、池澤夏樹の長篇デビュー作。

  • ヤー・チャイカの書影 324円 2016/02/05

    ヤー・チャイカ

    池澤夏樹 文学

    娘は草原で恐竜を飼うことを夢想し、父は遠い天空を旅する宇宙船の視線に思いを馳せる。ひょんな出会いで親しくなるイルクーツク出身のロシア人との交流を通して時に東西冷戦の核武装をめぐる硬質な議論も交えながら、あくまでも幻想的に、親と子の距離、人と人の出会いと別れを描く。無人探査機がさまざまな惑星と出会い、その重力で方向を変えながら旅を続けるように。

631件中 301310件を表示

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com
  • 漫画家・佐藤秀峰などの作品販売公式サイト
    マンガonウェブ