書影

季刊邪馬台国135号

「季刊邪馬台国」編纂委員会 季刊邪馬台国 歴史一般 1100円

作品説明

弊誌、『季刊 邪馬台国』は1979年の創刊から40年以上、全国に向けて古代史情報を発信し続けている、古代史専門誌です。
古代の美術・「装飾古墳」。各地に残る装飾古墳から古代の「美」と「文明」に迫る。

【目次】
■巻頭言  装飾古墳から読み解く古代人の美と文明

■総力特集 装飾古墳の世界 古代人の美と文明
菊池川流域の装飾古墳群
高井田横穴群の線刻壁画
キトラ・高松塚古墳壁画の統一理解をめぐって
茨城県の装飾古墳
装飾古墳の起源
装飾古墳と東アジア天文学
装飾古墳の保存環境・観察施設と公開について
随想・わが青春の装飾古墳

■ 時事古論 第8回 「纏向遺跡出土のモモの核年代測定(前編)」

《考古学最前線レポート》 「平塚大願寺塚」出土の三角縁神獣鏡について

【自著を語る】 『古代宮都と関連遺跡の研究』 
        『地域の考古学 私の考古学講義』
        『邪馬台国は「朱の王国」だった』

◆好評連載◆
世界遺産巡り 沖縄・旧石器時代遺跡群の旅
物部氏と尾張氏の系譜~上代古典の神・氏族・自然~
オトナ女子のコラム 晴れ、ときどき、古代史

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2020/09/25
出版社:ボイジャー・プレス
梓書院

シリーズ一覧

「季刊邪馬台国」編纂委員会の作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com