書影

季刊邪馬台国132号

「季刊邪馬台国」編纂委員会 季刊邪馬台国 歴史一般 1100円

作品説明

弊誌、『季刊 邪馬台国』は1979年の創刊から40年以上、全国に向けて古代史情報を発信し続けている、古代史専門誌です。
2017年に世界文化遺産に登録された「神宿る島・沖ノ島」を特集。この史跡の歴史的価値から、世界遺産決定までの過程を紹介。

【目次】
■巻頭言 「神宿る島」が語るもの
■時事古論第5回 「●みかん物語●」

■総力特集 宗像と古代日本
古代東アジアのなかの宗像
沖ノ島祭祀遺跡からみた三女神伝説と舶載文物
胸肩君の領域
「神宿る島」沖ノ島と宗像三女神信仰
◎世界遺産登録活動への取組み
世界遺産登録活動とその成果
市民が活かす宗像遺産
沖ノ島体験記

《再掲》 小山田古墳の被葬者をめぐって

◆好評連載◆
・世界遺産巡り 「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群
・物部氏と尾張氏の系譜
・オトナ女子のコラム 晴れ、ときどき、古代史

《投稿論文》 前方後円墳のルーツは三種の神器

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2020/09/25
出版社:ボイジャー・プレス
梓書院

シリーズ一覧

「季刊邪馬台国」編纂委員会の作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com