書影

季刊邪馬台国134号

「季刊邪馬台国」編纂委員会 季刊邪馬台国 歴史一般 1100円

作品説明

弊誌、『季刊 邪馬台国』は1979年の創刊から40年以上、全国に向けて古代史情報を発信し続けている、古代史専門誌です。
1万年以上続いた縄文時代は、古代史の中でも謎が多く残る。最新の研究から浮かび上がる新・縄文史観!

【目次】
■巻頭言  邪馬台国以前の世界
■時事古論第7回 「稲の来た道論争」

■総力特集 日本人と縄文文化
北海道の縄文文化
世界をめざすJOMON
東名遺跡
日本人はどこから来たのか?
植物学が明らかにした縄文時代の植物栽培

■ 全国邪馬台国連絡協議会 第4回全国大会
邪馬台国大和説と箸墓古墳・纏向遺跡
大和・纏向遺跡と箸中山古墳

《再掲》 「澤田吾一について」

【自著を語る】 「生きた証か、金印の謎」
        「神宿る沖ノ島」

◆好評連載◆
世界遺産巡り ウルグ・ベク天文台跡
物部氏と尾張氏の系譜~上代古典の神・氏族・自然~ 
オトナ女子のコラム 晴れ、ときどき、古代史
神社仏閣・縁起めぐり 「八幡総本宮」宇佐神宮

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2020/09/25
出版社:ボイジャー・プレス
梓書院

シリーズ一覧

「季刊邪馬台国」編纂委員会の作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com