TEAM HUMAN

著者:ダグラス・ラシュコフ

ボイジャーより
来春刊行!


あらゆる技術、市場、制度は人間が作ったものですが、多くの場合、反人間的な方向に進みがちです。デジタル思想家であり、NPR-Oneのポッドキャスト「チームヒューマン」のホストであるダグラス・ラシュコフは、この反人間性の仕組みを明らかにし、人間性を育む方向に社会を作り直すように私たちを導きます。

ラシュコフは100の警告的声明を並べて、人間を繋ぐために生み出された力が、どのようにして分断と抑圧のための力に変わったかを示します。たとえば、お金は交換の手段から搾取の手段に変わりました。教育は職業訓練の一部となっています。デジタル時代のテクノロジーはこの傾向をさらに増幅し、私たちの社会の自主性に最大の危機をもたらしています。仕事はロボットに任せられ、関心ごとはアルゴリズムに操作され、民主主義はソーシャルメディアに侵食されています。しかし、すべてが失われたわけではありません。チーム・ヒューマンを結成して立ち向かい、社会的な絆を自分たち自身で作り直し、手を取り合って地球にプラスの影響を与えるときです。

⇒同著者による『ネット社会を生きる10ヵ条』日本語版はこちらにて販売!

《 発売をリマインド 》
発売日にお知らせをお送りします。
作品に興味のある方、ぜひどうぞ!
著者

ダグラス・ラシュコフ

1961年生まれ。米国ニューヨーク州在住。第1回の「公共的な知的活動における貢献に対するニール・ポストマン賞」を受賞。『PROGRAM OR BE PROGRAMMED』(日本語版は『ネット社会を生きる10ヵ条』[ボイジャー])、『THROWING ROCKS AT THE GOOGLE BUS』、『TEAM HUMAN』など多数執筆。『NEXT GENERATION BANK 次世代銀行は世界をこう変える』で「デジタル分散主義」という論考が翻訳されている。
サイト:https://rushkoff.com/

関連:デジタル出版ビジネスの本

ボイジャーが発行するデジタル出版ビジネスの本をご紹介いたします。

技術の支配権を取り戻すために
著者:ダグラス・ラシュコフ
本の原点を忘れていないか?
著者:萩野正昭
従来のビジネス方式は終わった
著者:秦隆司
ボイジャー発行本の一覧へ
▼このページをシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com