『これからの本の話をしよう』印刷版&電子版発売!

1月31日発売決定!

これからの本の話をしよう 無料立ち読み

デジタル出版を歩いた25年の経験から、出版の明日を考える「小さなもの」の役割を訴えます

これからの本の話をしよう

著者:萩野正昭

本は「小さなもの」のためにこそ存在する。その原点を私たちは忘れてしまったのではないか? 電子出版のためのウェブサービス「Romancer」、『片岡義男 全著作電子化計画』など、数々の画期的な出版プロジェクトに取り組む株式会社ボイジャー創業者である著者が、25年にわたる歩みを振り返りつつ、本と出版の未来について語る。

印刷版と電子版が協力して新しい読書の世界をみなさまへお届けします!
大変お得な印刷+電子版をご用意いたしましたので、是非ご利用ください。

1,296円(税込)
発売日2019/1/31

電子本は1月31日より購入できます

1,836円(税込)
発売日2019/1/31

ご予約-1月31日発送
著者紹介

萩野正昭

1946年東京都生まれ。早稲田大学法学部卒。1969年港湾建設会社に就職、埋立造成工事に従事。1970年から東映教育映画部で契約演出職として働く。1981年レーザーディスク制作・企画、1990年パイオニアLDC取締役映画製作部長として映画のビジネス展開に従事する。1992年ボイジャー・ジャパンを設立。デジタル出版事業を開始。2013年ボイジャー代表取締役を退任、現在は取締役。著書に、『電子書籍奮戦記』(新潮社)、『本は、これから』(岩波新書共著)『木で軍艦をつくった男』(ボイジャー)などがある。

関連本:ボイジャーの発行本

これまでにボイジャーが発行した本をご紹介いたします。

ボイジャー発行本を見る
▼このページをシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com
  • 漫画家・佐藤秀峰などの作品販売公式サイト
    マンガonウェブ