栗本薫電子本シリーズ

知られざる栗本薫を、デジタルで

栗本薫といえば、100巻を越える『グイン・サーガ』、クトゥルー神話をモチーフにした『魔界水滸伝』、名探偵『伊集院大介』シリーズなどベストセラー作品が多々あります。その活躍の幅は、ファンタジー、SF、ミステリ、時代小説、耽美小説、中島梓名義では評論・エッセイと多岐にわたり数多くの作品を発表してきました。その中には、商業出版に乗らなかった作品、単行本化されなかった作品、紙として出版されたが絶版になって手に入らなくなった作品も多々あります。「栗本薫 電子本シリーズ」ではそういった作品を中心に電子化し、読者のみなさまに今、お届けします。

栗本薫 栗本薫
東京生まれ。早稲田大学文学部卒。1977年中島梓名義の「文学の輪郭」で群像新人賞評論部門、1978年『ぼくらの時代』で江戸川乱歩賞、1981年「絃の聖域」で吉川英治文学新人賞を受賞。栗本薫名義で小説を発表するかたわら、中島梓として評論・演劇・音楽などさまざまなジャンルで活動する。小説作品は、ミステリ、SF、時代小説、耽美小説と多岐にわたり、中島梓名義を含めて400冊を越える著作がある。1979年よりスタートした大河ロマン「グイン・サーガ」は、2009年著者病没により130巻が最終巻となった。

栗本薫作品の魅力納富 廉邦

 栗本薫作品の魅力について書けと言われてホイホイ引き受けちゃった訳だけれども、よく考えてみるまでもなく、そんなのは書けるわけがないのだ。中学三年生だった僕は『ぼくらの時代』を読んで、バンドを始めたし、病気で寝ている事を幸いと親に頼んで買ってきてもらった『SFマガジン[1]』は、グイン・サーガ「豹頭の仮面」の第一話が掲載されていて、それ以降、毎月SFマガジンを買うようになったし、雑誌『綺譚』で連載されていた「魔剣」を読んで、国枝史郎を知り、伝奇の面白さを求めて歌舞伎にのめり込み、中島梓名義のエッセイで、文末にBGM[2]を書く事を覚え、「ぼくら」の薫クン[3] が結婚し、子供ができる『怒りをこめてふりかえれ[4]』を、子供ができた事を知らされた日に購入していたりと、もう、僕の人生はどっぷりと栗本薫の物語に侵されていて、何が魅力か、どこが面白いか、なんてもう客観的に見る事はできないのだ。

 分かっているのは、栗本薫の小説は僕にとって全部面白いということ。そして、様々なジャンルを横断したマルチな作家というイメージを、僕は全く持っていないということ。栗本薫は、いつも、ずっと「面白い物語」を書いているだけで、彼女にとって「ジャンル」とは物語というソフトウェアを走らせるためのハードウェアだったのだろうということ。

 もう20年近く前に、僕は栗本薫さんのインタビュー記事を書いている。その中で、僕の、“ネットワークやデジタルな文化は、物語の新しい可能性を生むのでしょうか?”という質問に対しての彼女の答えはこうだ。

“それはもう新しい文化が登場すればそれにともなって新しい可能性は必ずあります。ただ、ハードが定着すればするほど問題となってくるのはソフトのよしあし、あるいはソフトの有無、ソフトの層の厚さである、ということはかたく信じています。この場合はハードはすなわちデジタルな文化そのものの方です。ソフトは『それを使ってどんな物語が描かれ得るか』ということです。新しい可能性はむしろ、人間性の新しい地平を切り開いてみせるようなものではなく、いかに深く人間性の昔ながらの真実のなかに入ってゆくかにあり、そして新しいハードがそれをより豊かに補助することができるのが正しいのだと思っています。結局は、作家そのものの人間性と創作力が伴わぬ限り、新しい文化は新しい物語に直結はしないでしょう。”

『十二ヶ月 栗本薫バラエティ劇場[5]』という本は、小説新潮誌の連載として、12ヶ月にわたって12のジャンルを書き分けた作品集だ。そこに書かれているのは、「心理ミステリー」「時代小説」「社会ミステリー」「芸道小説」「青春小説」「SF小説」「風俗小説」「捕物帳」「都会派恋愛小説」「本格推理」「私小説」「ヒロイックファンタジー」の12ジャンル。これを毎月一本づつ書いていたのだから、恐ろしい才能だと思うのだけれど、しかし、もしかしたら栗本薫という作家にとって、これはそれほど大変な作業ではなかったのではないかと思うのだ。

 枠としてのジャンル(ハードウェア)があって、その中で動く人間がいれば、そこに物語(ソフトウェア)は生まれる。物語は、ジャンルの中で、そのジャンルが要求するフォーマットの中に正しく配置され、構造ができあがる。その構造に則して人間が動く事で小説になる。膨大な物語をその身に宿した彼女だからできた事ではあるけれど、どのハードウェアを使っても、そこに描かれるのは「人間性の昔ながらの真実」を物語に託した小説。だから、それを読む僕はいつも、時代小説を、ミステリを読むというより、栗本薫が紡ぐ「物語」を読んでいる。

 栗本薫が創造した二大名探偵、伊集院大介[6]氏と栗本薫クンが共演(このスターシステム[7]も僕は手塚治虫ではなく栗本薫に教えてもらった)する『猫目石[8]』の中で、薫クンは伊集院大介に言う。

“あなたはすごく、論理と正確さの鬼だったんだな。びっくりした”

 栗本薫の物語も、僕には「論理と正確さの鬼」のように見える。『十二ヶ月 栗本薫バラエティ劇場』の「捕物帳」の前書きで彼女は、“捕物帳といえば内容よりむしろ、どんな主人公を立てるか、が見どころとなる”と書いているのだけど、こういう「ジャンル」の本質の喝破と、そのジャンルへの敬意、そして、そのジャンルの名作を膨大な量読んで、そこから抽出された、そのジャンルをジャンルたらしめているものの中から生まれる物語は、いつも、そのジャンルのど真ん中を射貫いて、栗本薫が紡ぐ物語であると同時に、そのジャンルの魅力そのものを描いているように僕には感じられる。だから、栗本薫が書くミステリを読めば、「面白いミステリ」がどういうものかが分かる。SFを読めば、「SFのスピリット」が分かる。僕はそうやって、栗本薫の小説に、娯楽小説の歴史を教えてもらった。小説の「面白さ」が何なのかを教えてもらった。そこにあるのは、いつも、ロジカルに組み上げられた「ジャンル」そのものなのだ。

 一方で、同じインタビューの中で“やはり時代と共にありたいと思いますし、最も現代を象徴している世界には、やはりフィックス していたいと思います。基本的には「人間さえいれば、そこにはミステリーが成立する」というのが私の考えですので、ただ「新しい衣」には常に興味がある、ということでしょうか。”という事も言っている。この「新しい衣」を担うのが、薫クンなのだと思うのだ。やはり『猫目石』の中の薫クンのセリフ。

“スターウォーズにドッペルゲンガー、『火星年代記』か。――― SFだな。”

 薫クン得意のパターン認識。このセリフに、伊集院大介は面食らう。これこそが、ロジカルなだけではない、栗本薫の物語のもう一つの核。まるで機械仕掛けのシェヘラザード[9]のように、材料を放り込めば物語が生成されるようなロジカルさと同時に、右往左往し、迷って、フラフラしながら、最終的な何かに、新しい文化や事象をパターン認識で物語に組み込みながら歩き続ける薫クンは、もう一人の栗本薫なのだ。だから、『猫目石』は二大探偵の激突ではなく、二つのドッペルゲンガーの物語に結実する。物語の中に描かれた、栗本薫という作家の物語の作り方を分解して提示したような作品になっていると思う。

 そうして作られた「小説」は、だから全部「面白い物語」になっている。物語の面白さを抽出して、再構成しているのだから面白くないわけがないのだ。だから、栗本薫の小説は色褪せない。25年前、『黒猫館の殺人』が出たばかりの頃の綾辻行人さんが、インタビュー後の雑談で“栗本薫さん、大好きなんですよ。あの美しさが”と言っていたのが、今でもとても印象に残っているのだけど、多分、この「美しさ」が、きっと栗本薫作品の魅力なのだ。「面白い物語」として組み上げられた構築物の美しさ。それが、栗本薫が考える「小説」だったのではないかと、僕は思っているけれど、そこは、「栗本薫の物語」にどっぷり侵された僕だから信憑性は薄いかも知れない。

BGM:
PANTA & HAL「ステファンの6つ子」
甲斐バンド「ポップコーンをほおばって」
沢田研二「探偵(哀しきチェイサー)」
浅川マキ「それはスポットライトではない」
郷ひろみ「ハリウッド・スキャンダル」
イーグルス「ホテル・カリフォルニア」
ピンクフロイド「あなたがここにいてほしい」

納富 廉邦
フリーライター。エンターテインメント全般をフィールドに、「MONOマガジン」「⼣刊フジ」「朝日新聞」「ココカラ」などの雑誌をはじめ、書籍、ネットなど、さまざまな媒体で執筆。著書に「子供の本がおもしろい!」(アスペクト)、「大人カバンの中身選び」(玄光社)他多数。小物王とも呼ばれ、グッズの使いこなしや新しい視点でのモノの遊び⽅、選び⽅、モノのプロデュースなどでも活動しています。
栗本薫関連の作品
  • キモノにハマってね!の書影432円2018/08/20

    キモノにハマってね!

    中島梓エッセイ

    中島梓はパーティや観劇などに外出する時ばかりでなく、日常生活も着物で過ごすことが多かったほどの着物愛好家だった。自身で運営するホームページ、神楽坂倶楽部でも着物に関するエッセイをいくつか連載していたが、本書は2005年から翌年にかけて連載された「着道楽」が収録されている。またエッセイのほか、生後まもない頃から亡くなる前月のライブまで、他で見ることの出来ない貴重な着物姿の写真90点以上を集めたアルバムも収録している。

  • 花陽炎の書影475円2018/06/20

    花陽炎

    栗本薫詩/短歌/俳句

    1984年に自費出版された栗本薫の短歌集。出産、育児によって活動を抑えていた1983年から84年にかけて、奔流のように湧き出した短歌が収録され、耽美、浪漫、頽廃などがキーワードとなる栗本薫の創作のモチーフが直截に表現されている。栗本薫の耽美小説群のファンのみならず、創作の源泉を垣間見させる栗本薫を知る上での好個の書。

  • 珠玉天王寺屋——五世中村富十郎の書影756円2018/04/20

    珠玉天王寺屋——五世中村富十郎

    山田凉子その他文芸

    伝説的歌舞伎役者、十五代目羽左衛門の舞台を13歳で見てより歌舞伎の魅力に取り憑かれた山田凉子は、六代目菊五郎、初代吉右衛門、七代目幸四郎などの名優の舞台に接して歌舞伎への鑑賞眼を磨いてきた。そして1961年に当時鶴之助を名乗っていた中村富十郎に魅せられた彼女が、半世紀に渡る観劇記、交流をまとめたものが本書である。あくまでもファンの視点から書かれてはいるが、自身も長唄の名取りであり幾度か富十郎の踊りと共演も果たしている著者の富十郎評は的確。本格的な評伝のない現在、歌舞伎研究書としても貴重である。

  • 手間のかかる姫君——夫、今岡清が選ぶ栗本薫短篇集の書影550円2018/02/20

    手間のかかる姫君——夫、今岡清が選ぶ栗本薫短篇集

    栗本薫今岡清文学

    栗本薫の担当編集者であり、また夫として30年以上に渡り生活を共にした今岡清が、個人的な思い出深い作品を集めた作品集。江戸川乱歩賞受賞で華々しく文壇デビューしたのち、初めてSF-マガジンに登場した「ケンタウロスの子守唄」、ふざけ散らしたユーモアSFでありながら文明批評でもある「エンゼル・ゴーホーム」、日常の会話から書き始められたものの中断していた原稿の発見された「手間のかかる姫君」、マンガ家に憧れていた栗本薫の唯一のマンガ作品「日々是好日」ほか六篇を収録。 【目次】 序 ケンタウロスの子守唄 エンゼル・ゴーホーム パソコン日記 手間のかかる姫君 滅びの風 日々是好日 解説

  • コミュニケーション不全症候群の書影496円2017/12/25

    コミュニケーション不全症候群

    中島梓エッセイ

    栗本薫の筆名でグイン・サーガ、伊集院大介シリーズほか数多くのベストセラーを生んだ中島梓が、1991年に発表した書き下ろし評論。おタク、ダイエット、女性による男性同性愛への関心などを扱い、変容する社会において危機的な状況におかれた自我のあり方を、自身も拒食症・過食症に陥り、また「真夜中の天使」を嚆矢としてやおいと呼ばれるジャンルを拓いた体験を踏まえつつ描いた問題作。刊行当時若者の共感と批評家からの絶賛を浴びたものの長らく絶版となっていたが、いま電子版として復刊される。解説・藤本由香里。 【目次】 はじめに──私はなぜこの本を書こうと思ったのか 第1章 コミュニケーション不全症候群 第2章 オタクについて・1 第3章 オタクについて・2 第4章 ダイエット症候群・1 第5章 ダイエット症候群・2 第6章 病気の時代 第7章 僕の夢は少年を…… 第8章 美少年なんか怖くない 第9章 最後の人間 第10章 コミュニケーション不全症候群のための処方箋 あとがき 解説 藤本由香里

  • 小説道場ご隠居編の書影486円2017/10/20

    小説道場ご隠居編

    中島梓文学

    小説JUNE誌に連載され、小説作法ばかりでなくJUNE・やおいのリーダー的存在であった小説道場。その後、ジャンルとしてのJUNEはある種の大衆化を遂げて変容し、ボーイズラブ=BLとなっていった。 小説道場連載終了から7年の後、編集部から請われて再開した「小説道場ご隠居編」において、中島梓は当時のBL業界の状況を批判しつつ小説の本質について筆鋒鋭く語っている。 本書は埋もれていた連載をついに電子版として刊行、JUNE・やおいの歴史を語る上で、また栗本薫の創作論を知る上での貴重な書である。

  • 伊集院大介最後の推理の書影486円2017/08/20

    伊集院大介最後の推理

    栗本薫ミステリー

    伊集院大介シリーズお馴染みのキャラクター、山科警視、森カオル、伊庭緑郎、滝沢稔ことアトムくんほか、『ほくらの時代』の栗本薫も登場する作品集。「月光座 金田一耕助へのオマージュ」では伊集院大介と金田一耕助が共演、「幽霊座」での耕助の推理をリスペクトを湛えつつ伊集院大介が新たに解き直すという趣向も。栗本薫逝去の前年に書かれた「誰でもない男――伊集院大介の秋思」など5編を収録し、伊集院大介の文字通り最後の推理を収める。

  • 十二ヶ月 栗本薫バラエティ劇場の書影702円2017/06/20

    十二ヶ月 栗本薫バラエティ劇場

    栗本薫文学

    未曾有の超大作グイン・サーガで知られる栗本薫が、12ヶ月にわたって小説新潮誌に連載した、12のジャンルを書き分けた作品集。 疑惑が疑惑を呼び狂気へとひとりの男を駆り立てる心理ミステリー「犬の眼」。手練れの時代小説作家もかくやと思わせる佳品「おせん」。軽妙な文体をあやつりつつ、圧倒的な筆力でラストの哀切へと雪崩れこむ青春小説「公園通り探偵団」。そして巻末を飾るグイン・サーガ外伝など、若き栗本薫の才気が爆発する。 【目次】 まえがき 一月/犬の眼〈心理ミステリー〉 二月/おせん〈時代小説〉 三月/保証人〈社会ミステリー〉 四月/紅〈芸道小説〉 五月/夜が明けたら〈青春小説〉 六月/忘れないで〈SF小説〉 七月/公園通り探偵団〈風俗小説〉 八月/離魂病の女〈捕物帳〉 九月/嘘は罪〈都会派恋愛小説〉 十月/ガンクラブ・チェックを着た男〈本格推理〉 十一月/五来さんのこと〈私小説〉 十二月/時の封土〈ヒロイック・ファンタジイ〉 十三月/あとがき

  • 本音のコラムの書影583円2017/04/20

    本音のコラム

    中島梓エッセイ

    栗本薫の筆名で知られる中島梓が、2005年10月7日から翌年9月29日に渡って東京新聞に連載した53篇のコラムを収録。 警官に注意されて逆上し尻を露出して逮捕された事件を取り上げた「尻出しおじさん」、10年前に「死ね」という言葉を安易に使う風潮を憂えた「『死ね!』という罵言」、被害者の個人情報まで興味本位に晒してしまうニュース報道に疑問を呈した「被害者の人権」、衣替えの時期の理不尽さについて語る「太陰暦の衣替え」など、当時の世相や日常の些末事までを硬軟取りまぜてユニークな視点から評した書。

  • 弥勒の書影410円2017/02/20

    弥勒

    中島梓文学

    栗本薫は『ぼくらの時代』で華々しく文壇デビューした後、グイン・サーガ・シリーズを発表した1979年に文芸誌「群像」に唯一の私小説「弥勒」を発表した。 この作品は死産で産まれ、3歳のときに日本脳炎のために意識もないままに寝たきりとなった弟との葛藤を描いて、栗本薫・中島梓の一生を苦しめ続けた激烈な怒り・悲哀が赤裸々に語られた作品である。『弥勒』の続編として手を付けられたまま、完成することのなかった断片「56億年の弥勒」を併載。解説は元群像編集長、内藤裕之氏。

  • グイン・サーガ 炎の群像の書影604円2017/01/20

    グイン・サーガ 炎の群像

    中島梓演劇

    グイン・サーガ50巻記念公演として1995年に上演された「グイン・サーガ 炎の群像」の台本。原作者栗本薫と脚本家中島梓が同一人物であることをによる大胆な脚色によって、古代王国パロが新興のモンゴールの突然の侵略によっていったんは制圧されながらも、やがてモンゴールを打ち破り再興するまでの、小説版では第1巻から16巻までに及ぶ物語を舞台化した作品。小説版の主人公グインが一切登場しないほか、さまざまな場所で展開する物語がパロの都クリスタルに限定されるなど、グイン・サーガ異聞とさえ言える内容となっている。

  • 新版・小説道場4の書影756円2016/12/20

    新版・小説道場4

    中島梓文学

    数多くのベストセラーで知られる栗本薫が、中島梓の別名で雑誌JUNE誌上に連載した小説講座第4巻。やおい・BLとして知られる男性同性愛小説向けの内容ではあるが、天才作家が創作の機微から具体的技術までを余すところなく伝える、創作を目指す者にとり必読の書第4巻。本書には小説道場開始から10年の時が流れた後に、変質していくやおいへの思いと自己の信念を吐露したマニフェスト「新・やおいゲリラ宣言」を収録。また、小説道場の掲載誌「JUNE」の編集長であった佐川俊彦氏の解説を付す。

  • 新版・小説道場3の書影756円2016/11/18

    新版・小説道場3

    中島梓文学

    数多くのベストセラーで知られる栗本薫が、中島梓の別名で雑誌JUNE誌上に連載した小説講座第3巻。やおい・BLとして知られる男性同性愛小説向けの内容ではあるが、天才作家が創作の機微から具体的技術までを余すところなく伝えた、創作を目指す者にとり必読の書。この巻では投稿者の成長と、また人気作家として活躍する道場出身者の活躍ぶりも描かれその点でも興趣尽きない内容となっている。

  • 新版・小説道場2の書影756円2016/10/20

    新版・小説道場2

    中島梓文学

    数多くのベストセラーで知られる栗本薫が、中島梓の別名で雑誌JUNE誌上に連載した小説講座第2巻。やおい・BLとして知られる男性同性愛小説向けの内容ではあるが、天才作家が創作の機微から具体的技術までを余すところなく伝えた、創作を目指す者にとり必読の書。

  • 新版・小説道場1の書影756円2016/09/20

    新版・小説道場1

    中島梓文学

    数多くのベストセラーで知られる栗本薫が、中島梓の別名で雑誌JUNE誌上に連載した小説入門講座。やおい・BLとして知られる男性同性愛小説向けの内容ではあるが、夭折した天才作家が、創作の機微から具体的な技術までを余すところなく伝えた、創作を目指す者にとっての必読の書。

  • 思い出の街の書影378円2016/08/10

    思い出の街

    中島梓エッセイ

    中島梓は神楽坂倶楽部というホームページを運営し、毎朝更新するのを日課にしていました。本書はその神楽坂倶楽部の2004年3月1日から31日まで連載されていたエッセイをまとめたものです。 新婚時代を過ごした赤坂、大学時代を過ごした早稲田、中学・高校時代を過ごした大塚などが、中島梓の個人的な思い出と共に当時の時代を感じさせるエピソードをまじえて生き生きとした筆致でつづられています。

  • 京堂司掌編全集の書影270円2016/07/15

    京堂司掌編全集

    栗本薫SF

    2016年に創刊40周年記念終刊号が発行された幻影城誌。その発行に際して、京堂司名義の作品が栗本薫の手によるものであることが発見されて話題を呼んだが、本書は京堂司名義作品のすべてを収録、この名義による作品は他に一切ないことからあえて書名を「京堂司掌編全集」とした。 熱烈なSFファンであった若き栗本薫による、日本SF揺籃期を彷彿とさせる掌編12編は、大河小説グイン・サーガの作者の、また違った一面をうかがわせる。解説は京堂司発見者の野地嘉文氏。 【目次】 23世紀のラッシュアワー ACT/1 星間急行 ACT/2 ポーの末裔 ACT/3 物質電送ラッシュ ACT/4 満員電車の中で 23世紀のポップス ACT/1 P・R ACT/2 イメージ・チェンジ ACT/3 未来の寝床 ACT/4 怨念 革命専科 ACT/1 マイコンピューター革命 ACT/2 産学協同革命 ACT/3 サイボーグ革命 ACT/4 ……革命? 解説 野地嘉文

発行:株式会社天狼プロダクション 発売:ボイジャー・プレス

▼このページをシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com
  • 漫画家・佐藤秀峰などの作品販売公式サイト
    マンガonウェブ