書影

まばたきで消えていく

藤宮若菜東直子 新鋭短歌シリーズ 詩/短歌/俳句 1760円

作品説明

命の際の歌が胸を突く 
残酷すぎるこの世だけれど、人間を知りたいと心から願っている。肝を据えて見つめ直す愛おしい日々。(東直子)

【5首】
寝ころんであなたと話す夢をみた 夏で畳で夕暮れだった
これは異性のための表情(待って)(もう行こうよ)(わたしたちでいたいよ)
生まれ変わったら台風になりたいねってそれからは溶ける氷をみてた
いつまでも少女でいてとコンタクトレンズを踏みつぶすような祈り
煙草入り缶チューハイが倒れてる ふたりはふつうに暮らしましたでした

【目次】

そのみずうみに浮かぶものたち
夏が終わったら起こしてね
ハローワールド
だってきみは猫舌だった

八月三十二日
ふかづめ
セブンスター、あるいは永久歯
ひかる積乱雲

Splitting of the Breast
しゃんぐりら
三月の双子素数
あおい火葬場

さよならぼくのともだち
わんぱくランド
ヘヴンリー・ヘヴン
菜の花

天才じゃなくても好き
下北沢23時17分
Twin Reverb
解説 心の命綱としての短歌 東 直子
あとがき

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2021/07/09
出版社:ボイジャー・プレス
書肆侃侃房

シリーズ一覧

藤宮若菜の作品一覧

東直子の作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com