あなたの明るい未来とは?

人の生き方は様々です。人の数だけ人生があり、選択肢があります。明るい未来を切り開くために、あなたはどんなことをしていますか?
何かにつまづいてしまったときや、諦めてしまいそうなときに読んで欲しい本をセレクトしました。あなたの人生を変える本に巡り合えますように!

「ありえない」をブームにするつながりの仕事術

著者:佐谷恭ビジネス教養

この本の書評

多分、この本は「ありえること」と「ありえないこと」の境界線がどこに引かれているのかを考え直すためにある。著者の佐谷恭氏は、2005年に日本パクチー協会を立ち上げ、2007年11月にパクチー料理専門店「パクチーハウス東京」を開店する。そこまでの道のりでも、そして、まだ日本にパクチー料理専門店なんて一つもなかった時代に、いきなり飲食店を始めたことにも、それがパクチーの店だったことにも、佐谷氏は周囲から反対される。「ありえない」「狂ってる」と言われる。

この本には、とにかく佐谷氏が何かを思いつき、それは周囲に理解されなかったというエピソードが繰り返される。それは一見、逆境のようだが、実はそうではないのではないか。佐谷氏の周囲では、佐谷氏が考えることは、その界隈の常識の範囲外にあるということを佐谷氏が理解することができたのは、そういう常識の境界線をクッキリと見せてくれる周囲の人々がいたからだと思うのだ。そうして、佐谷氏は、自分の考えることはそのままでは理解されないと気がつき、境界線を引き直すことにする。「ここまでは、分かるでしょ」という線を自分のテリトリーの中に引いていく。意見を主張するのではなく、別の見え方を提示するのだ。今、私たちの周囲は、こんなクッキリした線は引かれていない。どんなアイディアに対しても「ありえない」と真っ向から否定する周囲はない。「ありえる」ことさえ見えなくなっているから。その曖昧な線を見つけるヒントとして、この本が使えるのだ。

これからの本の話をしよう

著者:萩野正昭ノンフィクション

本は「小さなもの」のためにこそ存在する。その原点を私たちは忘れてしまったのではないか? 電子出版のためのウェブサービス「Romancer」、『片岡義男 全著作電子化計画』など、数々の画期的な出版プロジェクトに取り組む株式会社ボイジャー創業者である著者が、25年にわたる歩みを振り返りつつ、本と出版の未来について語る。

ベストセラーはもういらない

著者:秦隆司ノンフィクション

“出版は「完全に死んでいる」” ボイジャーから出版した『マニフェスト 本の未来』で、返本の問題に焦点をあて、根本的な改善を見送り続けるアメリカ出版界の旧弊をこのように表したジョン・オークス。彼は2009年、ニューヨークで友人と「返本ゼロ」「読者への直接販売」を目指す出版社ORブックスを創業、10年足らずで年商1億円をこえる出版社へと成長させた。ORブックスにはオノヨーコ、ジュリアン・アサンジといった著者が集まる。本書はJ・オークスのORブックスの実態、アメリカの新聞や出版の歴史を例に、出版社が生き残るための鍵を解き明かす。

もしもあの時 また別の人生

著者:山岡丸悧ライトノベル

賃貸マンションのワンルームに暮らす未婚の派遣OL美香は、「もしもあの時に、違う行動をとっていたら、どういう人生だったろう?」と思っていた。40歳の誕生日に「未来の親戚」からタイムマシンを受け取った彼女は、同級生との最後のデートの場面に戻り、行動を変える。すると、郊外の主婦になっていた。しかし夫は、彼女の借金のために殺された。そこで元に戻す。次に金持ちの男性とのお見合い場面に戻り、違う行動をとると豪邸のマダムになっていた。しかし同居の姑が全てを仕切っている。美香は姑と一緒に買物に出かける。

The Message of Masters あなたの運命の主人となるために(日本語版)

著者:若葉椰子自己啓発

≪90年近く、世界中で読み継がれている成功哲学の古典≫この本にはあなたが思い通りに生きるためのたった1つの法則が書かれています。世の中は常に変化していくものですが、普遍的な法則もあるのです。一人でも多くの方々に、是非とも読んでいただきたい本です。本書をマスターして、あなたの運命の主人となってください。※なお本書籍をテキストとした文字講座・音声講座・動画講座がオンラインスクール形式で、情報考学研究会サイト(https://infothink-lab.org)より提供されています。

生存戦略としての老子・荘子・仏教

著者:葉船草子自己啓発

私の小さな狭い自我を取り外せば、天からの波動、これを「気」というけど、私に降りてくるようになる。気が流れ、副交感神経のはたらきが良くなり、血が巡り、免疫力がアップし、健康長寿でいられるようになる。善悪を思わず、良い方に物事をとらえれば、良いことは自然、向こうから勝手にやってくるようになる。善悪思わず境遇に合わせて、無心に生きていくことを「天」と言い、天に助けられる人と言う。しなやかにやわらかく投げ出すことなく生きてゆけるようになる話だと思う。約15万字。

デジタル世界の光と影(改訂版)

著者:大江秀房科学

脳はアナログ的な感性を基に、想像力をベースに「思考実験」や「概算」「マクロ(巨視的)思考」などを武器に自然の把握に努めてきた。コンピュータによるデジタル処理が導入されると、膨大なデータ処理はもちろん“第3の科学”といわれるシミュレーション法により“ヴァーチャル(仮想的)な実験”が可能となり、研究手法も大きく様変わりした。さらに人工知能分野の「ディープラーニング法」は今後の飛躍的発展を予感させる。その一方でデジタル処理の限界やデジタル世界に欠けているアナログ的要素への洞察も重要性を増してきている。

引き寄せに溺れたあなたへ。

著者:D.S.WOLF自己啓発

所狭しと成功本や成功サイトが乱立する昨今、それでも成功できない人間があふれているのが現実。 そんな人々を励まし悩ませるのが「引き寄せの法則」だ。しかし、その仕組みを多くの人間が誤解し、使えてもいない。 なぜ、引き寄せられないのか? なぜ成功できないのか? そもそも成功とは何なのか? そんな疑問を普段と変わった視点から毒舌で答える一冊。

今こそ十代留学

著者:津田倫男ビジネス教養

「十代留学が子供の未来をひらく」から10年経過し、より時代が複雑になった今、新たな未来を切り開ける人材の最初のステップとして、15歳から19歳までの間に二か月以上の単身での留学を勧めます。

▼このページをシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com
  • 漫画家・佐藤秀峰などの作品販売公式サイト
    マンガonウェブ