書影

優等生のやめかた (今さら)『告白』湊かなえ、本屋大賞だいじょうぶ? 第二部 これが森口だ!

宮崎研治 優等生のやめかた エッセイ 110円

作品説明

『告白』は失敗しています。
少なくとも文芸的には失敗作ですが、だとしても、大切な観点と内容を持っています。「事件につぐ事件、暴力につぐ暴力」より「イヤミス」より、大事なものがこの作品にはあります。
きっと湊はそれを書きたかったはずだし、読み手もそこに引っかかったはず、というのがカズノの立場ですが、そんな話をこの部から始めました。始めたらどんどん長くなりました。嗚呼。
けどまあ入魂うんぬんはともかく、一冊の読書に感じたり思ったり考えたりすることって、原稿用紙1000枚くらい軽く超えません?

【目次】
四章 イヤミな森口
 1 「聖職者」の印象と『告白』への二つ目の注文
 2 森口のイヤミの謎
 3 てことで実際、森口はいつからイヤミになったのか?
 4 そんな森口について考えたいこと
 5 湊に書いてほしいもの

五章 森口の熱血嫌悪
 1 熱血への矛盾──それは愛?
 2 愛ははかない
 3 そこまで言います?

六章 森口と被害者
 1 森口は被害者
 2 被害のインフレの残念
 3 森口は何を問題にしたがっているのか?
 4 被害者の加害欲求

七章 森口の受け身
 1 森口の受け身
 2 「好き」を抜かせる人
 3 不自然=自然ではない森口の内実

八章 『告白』のリアリティ──優等生の孤独
 1 『告白』のリアリティ
 2 優等生の孤独──優(い)等(い)生(コ)でいるのはつまんない
 3 優等生の歴史
 4 優等生の孤独の背景──このように優等生はつまんない
 5 「まじめな優等生に私は味方する」

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2020/06/26
出版社:カズノpub.

シリーズ一覧

宮崎研治の作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com