書影

優等生のやめかた (今さら)『告白』湊かなえ、本屋大賞だいじょうぶ? 第一部 後味の悪さの研究

宮崎研治 優等生のやめかた エッセイ 110円

作品説明

イヤミスを考えました。
それでやっぱ『告白』の場合、「小説が下手!」というのが「いやーな感じ」の原因の気がします。だってそうです。「いやーな感じ『しか』残せない」のがイヤミスだとしたら、「いやーなとこ以外はダメ!」にしかなりませんでしょう。
という、どうでもいいといえばどうでもいい研究をしているのですが、「そもそも読者をいやーな気持ちにするつもりなど湊には無かった。そんな作家じゃない」という推論も出してます。はい。

【目次】
一章 「聖職者」の凄味と後味
 1 「聖職者」の凄味とミステリーの弱さ
 2 「聖職者」の不出来とミステリーの形
 3 「聖職者」の後味とミステリーの正義

二章 「聖職者」は『完全自殺マニュアル』に似てる
 1 「聖職者」と『完全自殺マニュアル』騒動
 2 曖昧さにも色々ある。少なくとも二つはある
 3 にも拘わらず決定打は無い。にも拘わらず決定打はある(気がする)
 4 衝撃的な背徳性の副作用(てか主作用)

三章 歴史という大きなふところ
 1 この結末は後味がよくない、と歴史も言う
 2 「こっそり血液」とはそもそも卑怯である
 3 ところで森口はどこまで本気なの?
 4 古い歴史は案外今風の理想であり、今風のドラマは案外に旧態依然である
 5 森口はせこい

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2020/06/26
出版社:カズノpub.

シリーズ一覧

宮崎研治の作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com