書影

脱「いい子」のソーシャルワーク 反抑圧的な実践と理論 [電子改訂版]

坂本いづみ/茨木尚子/竹端寛/二木泉/市川ヴィヴェカ 福祉 2420円

作品説明

イギリスやカナダで主流となっている反抑圧的ソーシャルワーク(AOP)の理論から実践までを、日本で初めて紹介。援助者が多数派にとっての都合の「いい子」を脱することから、多様性社会の実現が始まる。社会正義に基づいたソーシャルワーク入門書。

【目次】
はじめに
第Ⅰ部 AOPを知る
1 反抑圧的ソーシャルワーク(AOP)とは何か─概論と方向性 (坂本いづみ)
2 カナダでのソーシャルワーク教育の状況と課題 (坂本いづみ)
第Ⅱ部 AOPの可能性
3 「私」から始めるAOP─ケアを中心とした社会をつくるために (二木泉)
4 ささやき声の共鳴から生まれる私たちのAOP─「しょうがない」の向こう側 (市川ヴィヴェカ)
 コラム4 ささやき声のAOP、実際にやってみたら

第Ⅲ部 AOPと日本の現状
5 日本のソーシャルワーカー教育とAOP─社会福祉専門職教育に今こそAOPが必要な理由(茨木尚子)
6 精神障害と抑圧・反抑圧 (竹端 寛)
7 障害当事者運動にみるAOP─その可能性と課題 (茨木尚子)
8 支援者エンパワメントとAOP (竹端 寛)
終章 明日から始める反抑圧的ソーシャルワークのタネ 【座談会】

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2021/04/09
出版社:ボイジャー・プレス
(株)現代書館

坂本いづみの作品一覧

茨木尚子の作品一覧

竹端寛の作品一覧

二木泉の作品一覧

市川ヴィヴェカの作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com