書影

ゴルゴ13(129)

さいとう・たかを ゴルゴ13 青年マンガ 576円

作品説明

【最終暗号】
世界中に張り巡らされていた、米国国家安全保障局の盗聴網だが、日本の老天才学者が発表した数式には誰もが簡単に作れる暗号が示されていた。米国のとった対策とは?

【感謝の印】
依頼内容のウソにより依頼人を消したゴルゴ。だが直後にバス事故に遭遇、重傷を負い、ある寺院に運ばれた。そこには“マザー”と呼ばれるシスターがいて・・・・さて?

【ビリニュスの光と影】
リトアニア政府が首都ビリニュスで財宝が発見されたことを発表。それは、独立運動の最中、ソ連の強奪から逃れるためゴルゴが守ってきた財宝だった。新たな依頼が…。

■特集ページはこちら
▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2012/03/09
出版社:リイド社

シリーズ一覧

さいとう・たかをの作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com