書影

眞船豊 二十一世紀戯曲文庫 演劇 648円

作品説明

昭和初期の東北地方、以前は村の大地主だった「だるま屋」だが、老いた母おかじを残して、息子の萬三郎は南洋へ渡り、三年間、音沙汰もない。かさんだ借金のカタに、金貸しや女地主などが、ボロ畳や破れ障子まで剥ぎ取っていき、家屋敷が人手に渡るのも時間の問題だ。そこへ、十年前に村を追い出された女、おとりが現れる。おかじが「泥棒鼬」と呼んで忌み嫌う義理の妹だ。おとりは工場を持つ資産家となり、彼女を馬鹿にしていた村の者も、態度を変え始める。おとりの巧妙な駆け引きに、人々は翻弄され、家を巡る確執は深まっていく…

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2016/12/28
出版社:日本劇作家協会

シリーズ一覧

眞船豊の作品一覧

    記事がありません

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com
  • 漫画家・佐藤秀峰などの作品販売公式サイト
    マンガonウェブ