書影

大井川流域の文化 Ⅱ 縄文時代前期

池田純 大井川流域の文化 考古学一般 1650円

作品説明

『大井川流域の文化』Ⅱは縄文時代前期の遺跡について紹介します。『静岡県史 通史編1』には、次のように記述されています。「…早期後半になると、愛鷹山(あしたかやま)南麓から箱根山西麓さらに伊豆半島にかけて、集落が急増し、中部へも拡散し始める。…7~8000年前ごろと推定される。ところが、前期に入ると、県内の遺跡数は急に減少し始める。…」大井川流域でもこの傾向が窺えます。(著者「はじめに」)なお、シリーズⅡより、巻末に『大井川流域の文化』遺跡別掲載ページ一覧表を付けました。

【目次】
はじめに
1 川根本町内の遺跡
(1)下開土遺跡
(遺跡の性格 私の疑問 佐藤亮太氏の資料紹介)
(2)森平遺跡
(早期土器の追加資料)
2 御前崎市の遺跡
(1)星の糞遺跡
・ 見高段間遺跡の紹介(河津町) 
3 島田市の遺跡
・ 大井川左岸の遺跡
(1)大鳥遺跡
(2)旗指1地点    
(3)尾川平遺跡
(4)山王前遺跡
(5)磔段遺跡
 ・ 大井川右岸の遺跡
(1)西原遺跡
(2)屋敷原遺跡
(3)ミョウガ原遺跡
(4)東鎌塚原遺跡
(5)竹林寺廃寺
4 藤枝市の遺跡
(1)天ヶ谷遺跡
(2)荘館山遺跡
(3)若王子遺跡
5 掛川市の遺跡
(1)牛岡遺跡
6 浜松市の遺跡
(1)御堂平遺跡
(2)仮屋坂遺跡
(3)梶子北遺跡
7 湖西市の遺跡
(1)寺川遺跡・天白遺跡・西脇遺跡
・ 静岡県史による縄文時代の状況
・ 早期の遺跡 追加紹介
巻末付表 「大井川流域の文化」遺跡別掲載ページ一覧表

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2022/04/22
出版社:ボイジャー・プレス

シリーズ一覧

池田純の作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com