書影

千代田区一番一号のラビリンス【電子改訂版】

森達也 文学 2420円

作品説明

主人公のドキュメンタリストは、天皇の生の言葉を引き出したいという熱情に突き動かされ、象徴天皇制の本質に迫る番組企画を立ち上げた。
そして、ついに企画実現の突破口を探り出す!
平成の世。天皇ご夫妻の日常生活をドキュメンタリー作品
として記録したい。ある映画監督の宿願をこの物語に託す !

【目次】
プロローグ「タヌ吉はまた別よ」
 1 日比谷通りの交差点「今の天皇に似ている人か」
 2 ブリトーとランチ「穢れが感染るから」
 3 信号はいつも青「もちろん理由は知っています」
 4 実家に掲げられた写真「だから燃えるゴミよ」
 5 御所のラビリンス「ちょっと様子を見てこない?」
 6 デートの夜「性欲はあるの?」
 7 床の穴「触らなければ扉を開けられない」
 8 憲法一条「おまえはこの企画の提案者じゃないか」
 9 再会「ごたごたうるさいよ」
 10 タブーを撮る「断言するけど数字は絶対にいい」
 11 百十三年目の直訴状「つまりメイキングを軸にする」
 12 隣室のゴソゴソ「私たちは何の音を聞いたのかしら」
 13 一般参賀「あなたは秋篠宮殿下かしら」
 14 過程を撮る「愛されているよ」
 15 阻もうとする人たち「だからタブーなんだよ」
 16 一般参観の午後「ケガレ思想だと思うよ」
 17 会えるかもしれない「だからご会釈願うだってば」

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2022/04/27
出版社:ボイジャー・プレス
(株)現代書館

森達也の作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com