書影

Passion ケアという「しごと」

白崎朝子 福祉 1980円

作品説明

30年以上介護職をしてきた著者が、現場で頻発する暴力について考える。社会の底流に追いやられた介護者の「傷」が、弱者への暴力を生んでいる。支援が支配に変わった現場で、他者と共に生きるためのケアはいかにして可能か。

【目次】
はじめに

プロローグ――私の受難(Passion)と祈り

1章 かけがえのない記憶の結晶

2章 介護・介助現場の暴力の諸相
 「本当に」殺したのは誰なのか?
 支援が支配と権力に変容するとき
 現場に蔓延する「相互暴力」
 女性ヘルパー、いのちがけの妊娠・出産
 戦争を生き延びた高齢者――沖縄からの宿題
 沖縄への旅――高齢者介護の現場を歩いて

3章 彼女・彼たちの魂の物語――ともに生きるための挑戦

エピローグ――ケアという「しごと(mission)

あとがき

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2020/12/18
出版社:ボイジャー・プレス
(株)現代書館

白崎朝子の作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com