書影

どうして、もっと怒らないの? 生きづらい「いま」を生き延びる術は障害者運動が教えてくれる

荒井裕樹 社会問題 1870円

作品説明

今、注目度が急速に高まっている荒井裕樹氏の対談集。障害者・ハンセン病者・精神病者の自己表現を研究する異色の近代文学研究者である。中島岳志(東京工業大学教授、政治学)、原一男(映画監督)、九龍ジョー(編集者、ライター)、川口有美子(ALS/MND サポートセンターさくら会副理事長)、尾上浩二(DPI日本会議副議長、元内閣府障害施策アドバイザー)という多彩な対談相手と共に、障害者運動、とりわけ「青い芝の会」が社会に与えた影響と、差別に抗う運動の根源的力のもつ解放感、今日的意義を語り合う。

【目次】
序「どうして君は、もっと怒らないの?」

第一話 運動はすぐそばにある――
本当に「障害者は自分の人生に関係ない」と言えるか 対談者・九龍ジョー

第二話 「善意」と闘うことは「悪意」と闘うことより難しい 対談者・尾上浩二

第三話 「いのち」を支える言葉たち 対談者・川口有美子

第四話 「映画」を通して「思想」は鍛えられた――「さようならCP」をめぐって 対談者・原一男、小林佐智子

第五話 「ポスト相模原事件」を生きる 対談者・中島岳志

あとがき

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2020/12/18
出版社:ボイジャー・プレス
(株)現代書館

荒井裕樹の作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com