書影

無縁介護 単身高齢社会の老い・孤立・貧困

山口道宏 社会問題 1760円

作品説明

「地縁」「血縁」「社縁」が薄れた無縁社会において、「無縁死」あるいはその一歩手前の実態を、高齢者介護にかかわる制度から洗い出し、福祉サービスにたどり着けない“無縁介護”の状態が“無縁死”を引き起こし、貧困の拡大がこの状況に拍車をかけていることを明らかにする。

【目次】
一 「覚悟」
二 無縁介護――在宅介護の現場から
三 「無縁死、悪いでしょうか」
四 気がつけば「終の住処」だから
五 「迷惑をかけたくない」
六 ヘルパー日誌「人生いろいろ」
七 ひとり暮らしを支える
八 無縁社会と現代の貧困
九 無縁社会で老いるとき
 1 ひとり暮らしを考える――単身けん・石川由紀にきく
 2 「したたかな老い支度」
十 もう一度、無縁介護と「アウトリーチ」から

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2020/12/18
出版社:ボイジャー・プレス
(株)現代書館

山口道宏の作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com