書影

最低賃金1500円がつくる仕事と暮らし 「雇用崩壊」を乗り越える

後藤道夫/中澤秀一/木下武男/今野晴貴/福祉国家構想研究会 社会問題 1760円

作品説明

年功賃金の崩壊と労働市場の激変、非正規雇用だけでなく正社員にも低所得層が増加するなかで、
〈最賃1500円運動〉への期待が広がっている。
最賃引き上げで地域経済を元気にする戦略など最低賃金1500円が切り開く社会への展望を示す。

【目次】
第1章 最低賃金1500円は社会をどう変える――家計補助賃金からリビング・ウェイジへ
第2章 労働市場と働き方の現在~未来
第3章 最低賃金の歴史と思想
第4章 大資本に対する防波堤としての最低賃金――地域経済と中小企業
終章 社会的危機を救う──最賃1500円と福祉国家型生活保障

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2021/07/30
出版社:ボイジャー・プレス
大月書店

後藤道夫の作品一覧

中澤秀一の作品一覧

木下武男の作品一覧

今野晴貴の作品一覧

福祉国家構想研究会の作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com