書影

ゴルゴ13(116)

さいとう・たかを ゴルゴ13 青年マンガ 576円

作品説明

【”E”工作】
第2次世界大戦中、日本陸軍は原爆開発計画を進めようとした。だが、当時の日本では核分裂を起こすウランの分離技術が未熟で製造までは厳しい状況にあった。そこで、日本は”E工作”といわれる諜報活動を……戦後50年、秘密を握る人物からゴルゴへ依頼が!!

【神の手】
奇跡の秘薬により患者を治すアンガス。彼は”神の手”を持つ男といわれている。だが、その裏で犠牲者も多かった。その一人の友人からゴルゴへ依頼が……身辺を厳重に警護され、また要塞堅固な診療所に住むアンガスに近づくことはかなり困難に思われたが…?

【13人目の陪審員】
米国南部で白人男性が秘書の黒人女性をレイプし殺した。この男性の父である世界的な清涼飲料メーカー会長は、息子の裁判で無罪を勝ち取るため、陪審員のリストを集め、また資金も用意した。だが同じ裁判所では、ゴルゴが無実の罪で裁かれていた。そして……

【遠い隣人】
マイクロチップ製造企業の技術部開発室長・有沢の家庭に、父の友人の息子だと名乗るハンサムな好青年が訪ねてきた。彼は家族と急激に親しくなっていったが、ある日突然、会社に現われ……実は有沢の父には朝鮮戦争にまつわる秘密が。ゴルゴへの依頼は?

■特集ページはこちら
▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2012/03/09
出版社:リイド社

シリーズ一覧

さいとう・たかをの作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com