書影

「現代の国語」はなぜ嫌われるのか 高校国語の歴史研究と実態調査が示す新たな可能性

笠原美保子 学校教育 1980円

作品説明

戦後以来の課題、「話すこと・聞くこと」「書くこと」指導は、なぜ高等学校国語科で充実せず、その克服のためには何が必要なのか。本書は、過去の国語科目の歴史研究と実態調査を通して、戦後の「新教育」以来、高等学校の国語教育が抱える課題を分析し、授業実施案を含めた解決策を提示する。高校新科目「現代の国語」の意義を明らかにし、実践の形を探る一冊。

【目次】
はじめに
第1章 「現代の国語」教科書に小説を載せてはいけないのか
第1節 小説を収録した教科書が検定に合格
第2節 「現代の国語」ができるまで
第2章 「現代の国語」の先輩たち
第1節 戦後「新教育」が伝えること
第2節 「国語表現」と「現代語」が伝えること
第3章 「現代の国語」の課題と可能性
第1節 「現代の国語」はなぜ嫌われるのか
第2節 「現代の国語」の可能性
おわりに
本書に寄せて(横浜国立大学名誉教授 府川源一郎)

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2022/07/01
出版社:ボイジャー・プレス
学而図書

笠原美保子の作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com