書影

やわらかな知性 認知科学が挑む落語の神秘

野村亮太 エッセイ 2178円

作品説明

落語はなぜ、こんなに面白い?
落研出身の認知科学者は、その答えを探すため、
前人未踏の研究分野に飛びこんだ。
落語を知らない「論文の査読者」を納得させた独創的な仮説と実証実験。名人の口演分析から見えてきたメタ・コミュニケーション。
認知科学による落語研究、初の書籍化。

【目次】
序 章 認知科学はいかにして落語を捉えるか
第一章 巧妙な「状況モデル」と微細構造
第二章 「遊びのフレーム」とメタ・コミュニケーション
第三章 「まばたき同期」という糸口
第四章 「落語学」という企て
終 章 落語はだれがどのように研究してきたか

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2020/07/17
出版社:ボイジャー・プレス
dZERO

野村亮太の作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com