書影

教育鼎談 子どもたちの未来のために

内田樹/寺脇研/前川喜平 教育一般 1980円

作品説明

なぜ学校は変わらないのか、ゆとり教育で学力は低下したのか、不登校をなくすためには?
学びの現場、行政の現場で昭和・平成の教育と向き合った3人が、未来が求める教育を説く「開眼の書」。

【目次】
・教育とは太古的なシステムである
・高学歴一辺倒の終わり
・学校教育は缶詰工場ではない
・学術は公共のもの
・バイパスがあると学校に来なくなるのか
・学校選択するなら一国二制度
・落ちこぼれと浮きこぼれ
・スケープゴートになった大学
・教育予算を増やさない理由
・令和の新合併論
・進路は子どもに選ばせよ
・子どもに休息を、学校に余白を

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2022/04/27
出版社:ボイジャー・プレス
ミツイパブリッシング

内田樹の作品一覧

寺脇研の作品一覧

前川喜平の作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com