新着作品
書影

天才を生んだ孤独な少年期 ダ・ヴィンチからジョブズまで

熊谷 高幸 心理一般 1672円

販売終了

作品説明

人の発達には導き手としての大人が必要です。しかし大人の助力を十分得られなかった子どもは、独力で世界の捉え方を学び、独自の世界観を編み出していくことになる――少年期の孤独が育んだこの「心の癖」が創造性につながった、という仮説のもと、ダ・ヴィンチ、ニュートン、エジソン、漱石、アインシュタイン、ジョブズという6人の人生を生育歴から晩年まで詳細にたどっていきます。そこから浮かび上がる天才の共通構造とは? 脳科学から発達心理学に至る最新の知見と、自閉症研究者ならではの着想から生まれた出色の天才論!

【目次】
はじめに
1章 天才と孤独
天才のライフステージ/共有と非共有のあいだ/孤独な境遇と非共有世界の拡大/自閉症と共同注意の障害/アスペルガー症候群とADHD/常識・ルールを生む「心の理論」/天才の位置/天才と男性脳/感覚過敏と初期の脳/感覚遮断が創造性を高める/デフォルト・モード・ネットワーク/同化と調節による心の発達/天才の中にいる「もう一人の自分」/天才の共通特性

2章 レオナルド・ダ・ヴィンチ
母との別れ/自然を友とする日々/ヴェロッキオ工房へ/師匠との共同制作/未完の作の数々/手稿の中に残されたメッセージ

3章 アイザック・ニュートン
父を亡くして母を奪われる/物思いにふける内気な少年/日時計でいっぱいの部屋/「大学に行くしか能のないやつ」/ケンブリッジの孤独な免費生/デカルトとの対決/故郷の村で着想した三つの発見/内部世界の支配から外部世界の支配へ/晩年のニュートン

4章 トーマス・アルヴァ・エジソン//不注意な子ども/三か月で小学校を退学/母が開いてくれた独学への道/車内売り子から新聞発行人へ/電信士のかたわら発明を始める/一パーセントのひらめきと九十九パーセントの汗/二十世紀を発明した男/

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2024/07/05
出版社:新曜社

熊谷 高幸の作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com