新着作品
書影

国家方針を転換する決定的十年 新自由主義から社会的共通資本へ

田中信一郎 ノンフィクション 1870円

販売終了

作品説明

与野党の最大争点は、国家方針の選択に他ならない。与党ブロックが掲げる「新自由主義」(経済的価値を最重視)の継続か、野党ブロックが掲げる「社会的共通資本」(一人ひとりが幸福を実感できる社会を目指し、自然環境、教育・医療・金融・司法・行政など制度資本を重視)への転換か。
本書では、与野党両ブロックの国家方針を比較した上で、野党ブロックへの政権交代が実現した場合、「個人重視・支え合いの国家方針」で必要となる5つの政策(民主主義の再生、経済、社会、環境エネルギー、外交・安全保障)を丁寧に解説する。

【目次】
第1章 新自由主義からの脱却で結集した野党ブロック
第2章 個人重視・支え合いの国家方針で必要となる5つの政策
第3章 民主主義と地球環境にとっての決定的十年

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2024/05/17
出版社:(株)現代書館

田中信一郎の作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com