新着作品
書影

日本の堤防は、なぜ決壊してしまうのか? 水害から命を守る民主主義へ

西島和 政治 1760円

販売終了

作品説明

近年、全国各地で記録的な大雨による甚大な水害が相次いでいる。2019年10月に東日本台風が襲来した折には、巨大ダムやスーパー堤防が被害を食い止めたという声がネットで飛び交った。果たしてそれは事実なのか? 河川公共事業の住民訴訟に携わってきた著者が丁寧に解説する。
重要なのは、越水しても決壊しない堤防の整備。日本全国の堤防は土を盛っただけの“土まんじゅう”で、安全度も低い。謎だらけで人命が軽視されている「日本の水害対策」の現状を周知する。

【目次】
はじめに――堤防の決壊から民主主義の課題がみえる
第1章 水害対策における堤防強化の重要性
コラム:ハザードマップのつかいみち
第2章 重要な水害対策が消されてしまう日本の政策決定プロセス
コラム:被災者に「泣き寝入り」を強いる日本の水害対策
第3章 堤防を決壊させない民主主義へ
おわりに――変化のきざしと変化への抵抗

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2024/05/17
出版社:(株)現代書館

西島和の作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com