書影

性同一性障害の社会学 [電子改訂版]

佐倉智美 社会学 1980円

作品説明

『性同一性障害はオモシロイ』で自らの体験を語り各書評で絶賛された著者が、大阪大学大学院での研究をもとに新しく書き下ろした本。最新の研究成果をもとに“性別”をめぐるさまざまな問題を目からウロコの納得分析。平易で初歩的な知識・問題の解説から始め、当事者たちへの調査を含めた当事者による性同一性障害の解説。

【目次】
巻頭エッセイ 太陽の塔は女か男か?! ――まえがきにかえて

第1部 社会現象としてのトランスジェンダー

 はじめに
 第1章 トランスジェンダーの現状
 第2章 ジェンダー秩序・ジェンダー体制とトランスジェンダー
 第3章 トランスジェンダーをめぐる言説と疑問
 第4章 トランスジェンダーから見えてくるジェンダー

 おわりに――まとめにかえて

参考文献リスト

第2部 学際的トランスジェンダー考

参考文献リスト

巻末エッセイ モリゾー・キッコロは女でも男でもなかった――あとがきにかえて

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2021/02/15
出版社:ボイジャー・プレス
(株)現代書館

佐倉智美の作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com