書影

山田わか 生と愛の条件 ケアと暴力・産み育て・国家

望月雅和 哲学/思想 2420円

作品説明

〝奪われた性〟から〝愛国女性〟へ。「愛」と「殖やす」の違和感。
山田わか(1879-1957)の思想から、21世紀の産み育てる性を〝私も〟考える。
教育とケアに関するテキストにも最適。

【目次】
序 章 愛の飛翔と切断――人間と教育を学ぶために 望月雅和
第一章 イライザ・ドゥーリトルの憂鬱(一) 大友りお
第二章 イライザ・ドゥーリトルの憂鬱(二) 大友りお
第三章 女性の商品化と越境――出会いの地アメリカ 纓坂英子
第四章 対人援助と人道主義――山田わかにおける法と思想の原理 森脇健介
第五章 山田わかの反女権論とファシズムの時代――盟邦ドイツ・イタリアへの特派 弓削尚子
第六章 愛とケアについて――体験による学びと実践のレッスン 望月雅和
解 説 個人の人生の物語から何が読みとれるか 能智正博
山田わか年譜

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2020/12/25
出版社:ボイジャー・プレス

望月雅和の作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com