書影

原敬と新渡戸稲造 戊辰戦争の敗北をバネにした男たち

佐藤竜一 人物評伝 1870円

作品説明

岩手が生んだ日本の偉人二人の関係と業績を分かりやすく紹介。政治が一極に偏り、世界平和が混乱している現在、日本が生んだ二人の偉人を見直し、国のあり方と世界平和を考えるきっかけにしたい。原・新渡戸も共に盛岡藩の士族として生まれ、戊辰戦争の敗北の屈辱をバネに、飛躍した。原は政界に入り、初めての政党内閣を組織し、新渡戸は学者として、Bushido: The Soul of Japanを英文で著し、世界に日本精神を伝えた。また、国際連盟事務次長として東京女子大初代学長として活躍した。高橋克彦氏帯で推薦!

【目次】
はじめに

第一章 原敬と大慈寺
第二章 盛岡藩と戊辰戦争
第三章 佐藤昌介と北海道帝国大学
第四章 原敬と岩手公園
第五章 『南部史要』をめぐって
第六章 原敬内閣の誕生
第七章 国際連盟をめぐって
第八章 原敬暗殺

おわりに

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2020/12/18
出版社:ボイジャー・プレス
(株)現代書館

佐藤竜一の作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com