書影

倭国の都は火国・熊本 史書と遺跡が証明する [電子改訂版]

小山顕治 日本古代史 2420円

作品説明

史書・遺跡を検討し、イザナギ・イザナミの時代から38代天智天皇が667年大津宮に遷都するまでの期間、倭国の都は現在の熊本界隈にあったことを論証した。この間の代々の都の所在地まで遺跡により推定した。
また、邪馬台国は垂仁天皇と景行天皇の時代の魏志によるものなので、卑弥呼は倭姫命であり、熊本県宇土市に神殿跡もあることを論証している。日本古代史を大きく変える書である。

【目次】
はじめに

第一章 神代
第二章 神武東征
第三章 崇神天皇
第四章 垂仁天皇
第五章 景行天皇
第六章 仲哀天皇・神功皇后
第七章 応神天皇
第八章 仁徳天皇
第九章 履中天皇・反正天皇
第十章 允恭天皇・安康天皇
第十一章 雄略天皇
第十二章 清寧天皇・顕宗天皇・仁賢天皇
第十三章 武烈天皇
第十四章 継体天皇
第十五章 欽明天皇
第十六章 敏達天皇
第十七章 用明天皇・崇峻天皇
第十八章 推古天皇
第十九章 舒明天皇
第二十章 皇極天皇
第二十一章 孝徳天皇
第二十二章 斉明天皇
第二十三章 天智天皇

あとがき
引用・参照文献

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2021/02/15
出版社:ボイジャー・プレス
(株)現代書館

小山顕治の作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com