書影

現場で磨くケースワークの技 「バイステックの原則」を基に

高山俊雄 福祉 2200円

作品説明

相談業務の専門職が教科書としてきたバイステックの『ケースワークの原則』を紐解き、医療ソーシャルワーカー(MSW)、生活保護のケースワーカーが相談対応の在り方を原則に則り具体的に検証。相談業務の新人さんや専門機関以外の人にも参考になる。

【目次】
第Ⅰ部 ケースワークの原則から現場対応を考える
 序 章 ケースワーク原則とNPO の相談方法   高山俊雄 
 第1章 相談者をかけがえのない個人として捉える--個別化の原則    山名友紀子 
 第2章 相談者の感情表現を大切にする--意図的な感情表出の原則  伊藤正子 
 第3章 相談者の感情、思いを受容するために--「 統制された情緒的関与」と「受容」  鶴田光子 
 第4章 非審判的態度をとるということ--非審判的態度の原則   安仁屋衣子
 第5章 自己決定するために  大川昭博
 第6章 秘密が守られることで成り立つ相談関係--秘密保持の原則  山根珠妃
 補 論 MSW のための外国人医療入門  鶴田光子

第Ⅱ部 事例:「バイステックの原則」から見た面接場面
 離婚後、独りで生きていく決意をした独居男性の転院と家族援助事例
 参考 MSW の労災入門  高山俊雄 

第Ⅲ部 ソーシャルワークの行動原則
 私の考えるソーシャルワーク原則 高山俊雄

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2020/12/18
出版社:ボイジャー・プレス
(株)現代書館

高山俊雄の作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com