書影

【増補改訂版】コンゴ共和国 マルミミゾウとホタルの行き交う森から

西原智昭 ノンフィクション 2420円

作品説明

中部アフリカのコンゴ共和国で、いま何が起きているのか――。熱帯林に生息するゾウやゴリラなどの生態調査、環境保全に携わる中での内戦や森林伐採業との対峙、貨幣経済の浸透が先住民に与える影響など現場のリアルを伝える。今回増補改訂版で、ゲリラ豪雨やエボラ出血熱など最近世界を揺るがせている問題とコンゴ共和国との関係を浮き彫りにする新章が加わった。京都大学総長・山極壽一氏推薦。

【目次】
プロローグ

1.熱帯林とゴリラとの出会い
2.虫さん、こんにちは
3.森の中で生きるということ
4.熱帯林養成ギプス、内戦、そして保全業へ
5.新たな旅立ち~森から海へ
6.森の先住民の行く末
7.人類の自然界利用と保全(その1)~ブッシュミート、森林伐採、象牙
8.人類の自然界利用と保全(その2)~海洋地域での漁業と石油採掘
9.人類の自然界利用と保全(その3)~日本人との深い関わり
10.日本における保全に関する教育とメディア
11.ぼくの生き方~自分に強く関わること同士のつながり
12.さらに隠蔽される“真実”

エピローグ

あとがき~増補改訂版に向けて

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2020/10/09
出版社:ボイジャー・プレス
(株)現代書館

西原智昭の作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com