書影

キャバ嬢なめんな。 夜の世界・暴力とハラスメントの現場

布施えり子 社会問題 1430円

作品説明

キャバクラ。一見華やかな夜の世界だが、そこには、女性を苦しめる出来事が掃いて捨てるほど存在する。賃金未払いは当たり前、セクハラや暴力が横行する世界に対する怒りと闘いのための一冊。2009年の結成以来、200件以上ものキャバクラにおける労働争議を行い勝利してきた労組、キャバクラユニオン。その闘いと雇用トラブルの実例を生々しくえぐり出し、キャバクラの生態と、雇用主、客、さらには世間から向けられる偏見に苦しむキャバ嬢の日常生活を活写。雨宮処凛さん推薦!

【目次】
はじめに――「おまえら、ヤクザか?」

01 業界潜入! わたしのキャバ嬢実録日記
02 「キャバクラに昼の世界の法律は通じない」か?
03 自己責任と給与明細の暗黒
04 キャバクラ・暴力とハラスメントの巣窟
05 キャバ嬢たちのロード・オブ・闘争

あとがき――残酷物語を超えて

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2020/10/09
出版社:ボイジャー・プレス
(株)現代書館

布施えり子の作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com