書影

まぁ、空気でも吸って 人と社会:人工呼吸器の風がつなぐもの

海老原宏美/海老原けえ子 社会問題 1760円

作品説明

小さいときから「障害」を言い訳にすることを許さず、他の兄弟同様スパルタで育てられた著者と、その母との間に引き継がれる「自分の人生を引き受けて生きる」精神。他人の手を借りるなかで身に着けた術=人サーフィンの中で豊かに生きる術。障害のある自分が動くことによって人がつながり、社会を変えていくことが障害者運動だ。誰もが1回きりの生き直すことのできないいのち生きている、そのかけがえのなさを実感させてくれる爽やかエッセイ。

【目次】
第1部 「自分」を生きる~障害と共に成長して~ 海老原宏美 
 1 私の障害のこと
 2 母について~私の根源~
 3 自立への三大革命
 4 自立の第一歩は「降りますボタン」から
 5 九死に一生! 人工呼吸器導入
 6 快適な生活を支えるもの
 7 自立生活センター(CIL)について
 8 呼ネット~人工呼吸器ユーザー自らの声で~
 9 存在する価値
 10 呼吸器かついで旅に出る
 11 重度化について~成長する障害~
 12 障害者を生きる

第2部 泣いて、笑って、ありがとう  海老原けえ子
 1 宏美と共に歩んだ二四年
 2 二四年の胸のうち

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2020/09/18
出版社:(株)現代書館

海老原宏美の作品一覧

海老原けえ子の作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com