書影

東北・蝦夷の魂

高橋克彦 文化/民俗 1540円

作品説明

東北は古代から中央政権に蹂躙され続けた。阿弖流為(あてるい)vs坂上田村麻呂、安倍貞任・藤原経清vs源頼義、藤原泰衡vs源頼朝、九戸政実vs豊臣秀吉、奥羽越列藩同盟vs明治新政府。5度の侵略戦に敗れ、奪われ続けた資源と労働力。そして残されたのは放射能…。

中央政権が抹殺した東北の歴史を活き活きと復元する高橋克彦氏の真骨頂が遺憾無く発揮され、虐げられたゆえに生まれる強さや優しさが東北の魂であり、その魂こそが未来を拓くと説く。先人たちとの絆を心で感じる渾身のメッセージ!

【目次】
〈序幕〉追われる人々
〈第一幕〉追われたのは出雲から
〈第二幕〉失ったのは平和な楽園
〈第三幕〉失ったのは豊かな共同社会
〈第四幕〉失ったのは豊かな資源
〈第五幕〉切り裂かれた心
〈第六幕〉失ったのは誇り
〈終幕〉新しい世界を拓く東北の魂
・明日の世界に向けて

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2020/09/18
出版社:(株)現代書館

高橋克彦の作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com