書影

フェイクと憎悪 歪むメディアと民主主義

永田浩三 社会問題 1584円

作品説明

「反日日本人をあぶり出せ」と煽る新聞、デマに満ちた沖縄報道、
「日本礼賛」の裏での外交的孤立――権力にすり寄り右傾化するマスメディアが社会の分断に拍車をかける現状に、第一線のジャーナリストと研究者が警鐘を鳴らす。

【執筆者】斉加尚代/西岡研介/川端幹人/臺宏士/北野隆一/立岩陽一郎/望月衣塑子/古田大輔/香山リカ/福嶋聡/梁英聖/辻大介

【目次】
序章 いまメディアに何が起こっているのか

Ⅰ 歪むメディア

1章 歪曲される沖縄の基地反対運動
2章 関西テレビ界に蔓延る「チーム殉愛」の闇
3章 劣化する「保守」論壇誌と極右運動
4章 産経新聞による記者・メディアへのバッシング
5章 「歴史戦」がもたらしたものとその結末
6章 ファクトがねじ曲げられる国際報道

Ⅱ 公正な言論空間とは

1章 「フェイク」と「ヘイト」のスパイラルに抗するには
2章 「日本スゴイ」の幻想と現実
3章 書店員として「ヘイト本」と向きあう
4章 差別・極右への対抗とメディア・NGOの社会的責任
5章 メディアの党派化と世論の分断

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2021/07/30
出版社:ボイジャー・プレス
大月書店

永田浩三の作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com