書影

だれが日韓「対立」をつくったのか 徴用工、 「慰安婦」、そしてメディア

岡本有佳/加藤圭木 政治 1232円

作品説明

「徴用工」問題に端を発し悪化の一途をたどる日韓関係。だが、そもそも問題の根はどこにあるのか? 「徴用工」「慰安婦」「少女像」の問題など、韓国への疑問や反発を解きほぐし、日韓の相互理解と対話へとつなぐ。

【目次】
はじめに――泥沼化する日韓関係を読み解く(加藤圭木)  
PART1 徴用工問題――「韓国はルール違反」の真相  
PART2 主戦場としての「慰安婦」問題――「少女像は反日」か?
PART3 韓国はなぜ歴史問題にこだわるのか?
PART4 なぜ、これほど日韓関係は悪化したのか?――メディアのズレを読む
PART5 解決への道はあるのか?

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2021/07/30
出版社:ボイジャー・プレス
大月書店

岡本有佳の作品一覧

加藤圭木の作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com