新着作品
書影

フォトエッセイⅠ 仙台 Andre Gagnon impressions

AKIMOTO 紀行 858円

販売終了

作品説明

芸術は、無秩序な現実を、楽譜や光、言葉に見立て、手探りで演奏し続ける。美しい時もあり、醜い時もある。そして、現実を構成する素粒子、ダークマターやエネルギーは、認知、意識、自我に向かい、宇宙のあちらこちらの星々で、気の遠くなるほど恐ろしいミクロな試行錯誤を繰り返しながら、煙のようにたゆたう。

【目次】
目次
光のページェント 2023年12月22日
光のページェント、翌日 2023年12月23日
山の上の地下鉄駅 2024年2月21日
地下鉄『郊外駅』 2024年4月3日

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2024/05/17
出版社:テクスト理論研究センター

AKIMOTOの作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com