作品数:1118作品
1118件中 1120件を表示
  • なんのために生きるのの書影 275円 2020/01/16

    なんのために生きるの

    片岡義男 文学

    三十代後半の男性が二十代後半の女性に結婚しようというような話をしています。男は友人に頼まれて彼女に彼との結婚を勧め、それをキッパリ断られると、今度は自分との結婚はどうかと聞きます。彼女の答えは、その話し方同様にキッパリしていて、その歯切れの良さは心地よい程です。その後、彼女は恋人と会い、「そのために生きている」と思う瞬間を味わうのです。これは、好きな人と一緒にいる悦びについて、冷徹に分析するような、ちょっと捻った恋愛小説。男性が女性の中に見る自分を分かっている女性の明晰が描かれています。

  • あんな薄情なやつの書影 275円 2020/01/16

    あんな薄情なやつ

    片岡義男 文学

    東京に台風が接近中の夜、「コーヒーの店で、ひとときを」と看板に書かれた店の客は、カウンター前が好きな女性とスーツ姿の男性客の二人。その女性客は、店がある建物の四階に住んでいると話します。男性客が帰った後.店主は女性客に、この店で知り合って結婚して離婚した男女の話をします。その話に出てくる女性は、女性客の友人であり、薄情な人なのだという話をして、店主の元の奥さんのカフェについて訊ねたことから、不思議な「薄情の連鎖」が始まります。コーヒーの香りを背景に語られる「薄情」という言葉の意味をふと考えてしま

  • どんなステキな色か見せての書影 550円 2020/01/11

    どんなステキな色か見せて

    比嘉ダイヤ 文学

    主人公エリが旅先で出会った女性に恋をしたことをきっかけに、心の奥に隠していた本当の自分を発見していく。しかしそこには、エリの知らない衝撃的な真実があった…。LGBT、ポリアモリー、発達障害、虐待。主人公が様々なトラウマに向き合い、共に生きていこうとする姿を描いた心のガイドブック。https://dmtblackdiamond.amebaownd.com/【目次】登場人物紹介・用語解説プロローグ エリの過去◆第一章 セクシャリティ【エステラとの出会い】【霊体との関係】【実体との関係】【自分のセクシ

  • QUEEN Behind The Story 第7夜の書影 275円 2020/01/10

    QUEEN Behind The Story 第7夜

    舟崎泉美&art sonic books編集部 エッセイ

    2018年に映画も大ヒットし、大人気の英国のROCKバンド【QUEEN】。映画からの新しいファンも増え、彼らがどのような存在だったのか、どのようなことがあったのか、新旧ファン関係なく今、彼等のことを知りたがっている。そんな中、初来日から彼らの近くにいたスタッフなどの方々にインタビューをし、ここでしか読めない回顧禄シリーズ。第7回目は初来日から1985年クイーン最後の来日公演までのプロモーター、森岡和彦氏に話を聞きました。

  • QUEEN Behind The Story 第6夜の書影 275円 2019/12/27

    QUEEN Behind The Story 第6夜

    舟崎泉美&art sonic books編集部 エッセイ

    2018年に映画も大ヒットし、大人気の英国のROCKバンド【QUEEN】。映画からの新しいファンも増え、彼らがどのような存在だったのか、どのようなことがあったのか、新旧ファン関係なく今、彼等のことを知りたがっている。そんな中、初来日から彼らの近くにいたスタッフなどの方々にインタビューをし、ここでしか読めない回顧禄シリーズ。第6回目はずっとQUEENを追いかけていたファンとガードマン伊丹氏の対談です。ファンに見せたメンバーの素顔をお話ししてます。

  • なりにけらしな京都の書影 660円 2019/12/25

    なりにけらしな京都

    片岡義男 エッセイ

    2018年に片岡義男が、篠原恒木、八巻美恵と共に何度か京都に赴いた、その日帰りの旅の様子を中心にした、エッセイと写真によるスクラップブックのような作品です。それは、京都の喫茶店をめぐり珈琲を飲んだ記録であり、おでん屋や定食屋、古本屋、土産屋を味わう散歩の記録であり、片岡義男の短編小説が生まれるバックストーリーでもあります。「葛切りがおでんの前菜」「五月最後の金曜日」「柚子味噌を買います」といった作品を読んだ方は、ニヤリとさせられることでしょう。片岡流京都ガイドであり、作家の旅の記録でもあるのです

  • つい、こないだの書影 660円 2019/12/25

    つい、こないだ

    片岡義男 エッセイ

    下北沢の南口商店街を写真で再現した中学生時代に始まって、しかし、その写真を捨てて「過去はない」と言った25歳を経て、2018年、下北沢の踏切が消えた風景の写真を見て、そこに何が起こったのかを考えます。そこから再び、下北沢の過去、自らの過去の記憶を遡り、世田谷線を巡る物語を発想することになる、その経緯を綴ったエッセイ集です。世田谷線の起点であり終点、下高井戸の風景が岡田こずえ、篠原恒木、両氏の撮影の写真と共に描かれ、そして、森茉莉の一枚の写真から呼び起こされた記憶は喫茶店「邪宗門」、「北沢川」へと

  • NEVER LET ME GO <矢代俊一シリーズ4>の書影 643円 2019/12/20

    NEVER LET ME GO <矢代俊一シリーズ4>

    栗本薫 ボーイズラブ

    矢代俊一は自分を無法に陵辱した早瀬充がH・I・Vに冒され余命幾ばくもないことを知る。そして恨んでもあまりはるはずの早瀬の生涯にある種の共感を覚えるが、彼自身もまた、H・I・Vに罹患しているかもしれず検査結果を待つことになる。しかも、勝又英二との同棲生活のうちに初めて他人への愛情に目覚めるようになっていた俊一だったが、20年来の親友だったはずの金井恭平も密かに彼を愛していることを知ってしまう。そして英二への愛情、金井への思慕の板ばさみに苦しむ俊一はのっぴきならぬ窮地に陥ってしまうが……シリーズ第4

  • QUEEN Behind The Story 第5夜の書影 275円 2019/12/20

    QUEEN Behind The Story 第5夜

    舟崎泉美&art sonic books編集部 エッセイ

    2018年に映画も大ヒットし、大人気の英国のROCKバンド【QUEEN】。映画からの新しいファンも増え、彼らがどのような存在だったのか、どのようなことがあったのか、新旧ファン関係なく今、彼等のことを知りたがっている。そんな中、初来日から彼らの近くにいたスタッフなどの方々にインタビューをし、ここでしか読めない回顧禄シリーズ。第5回目はクイーンの来日の際にずっと傍についていたガードマン伊丹久夫氏に話を聞きました。

  • QUEEN Behind The Story 第4夜の書影 275円 2019/12/13

    QUEEN Behind The Story 第4夜

    舟崎泉美&art sonic books編集部 エッセイ

    2018年に映画も大ヒットし、大人気の英国のROCKバンド【QUEEN】。映画からの新しいファンも増え、彼らがどのような存在だったのか、どのようなことがあったのか、新旧ファン関係なく今、彼等のことを知りたがっている。そんな中、初来日から彼らの近くにいたスタッフなどの方々にインタビューをし、ここでしか読めない回顧録シリーズ。第4回目は当時のロックファンに大人気だった漫画【8ビートギャグ】の漫画家シマあつこ氏に話を聞きました。

1118件中 1120件を表示

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com