作品数:1405作品
1405件中 13011310件を表示
  • 永遠の青 〜Eternal Blue〜【特装版】6巻 (FG Mercury)の書影 330円 2021/12/29

    永遠の青 〜Eternal Blue〜【特装版】6巻 (FG Mercury)

    影村玲よくに ボーイズラブ

    貴方は、いつでも限りなく寛容で、そして優しすぎる……。

  • 銀の鳥籠 【特装版】10巻 (FG Mercury)の書影 605円 2021/12/29

    銀の鳥籠 【特装版】10巻 (FG Mercury)

    更紗.斎賀時人 ボーイズラブ

    穏やかに微笑んでいても、目だけが冷ややかで、いっそ哀しそうにすら見えた。「君が飛んで行ってしまわないよう、私も色々考えないといけないようだ……」

  • 銀の鳥籠 【特装版】11巻 (FG Mercury)の書影 495円 2021/12/29

    銀の鳥籠 【特装版】11巻 (FG Mercury)

    更紗.斎賀時人 ボーイズラブ

    「最後に君の笑顔が見たいんだ……」

  • 神霊術少女チェルニ(1)神去り子爵家と微睡の雛の書影 1584円 2022/01/07

    神霊術少女チェルニ(1)神去り子爵家と微睡の雛

    須尾見蓮 文学

    「小説家になろう」で総合評価14,000pt超え、累計ページビュー132万超え、ユニークユーザー43万超え(2021年10月現在)を記録中の作品、wataboku氏の装画にて、待望の書籍化!〈森羅万象、八百万、遍く神霊の御座す〉ほとんどの国民が〈神霊術〉を使うルーラ王国。やさしい家族に囲まれて平穏に暮らしていた、優れた神霊術の使い手であるチェルニは、運命の日、〈神威の覡〉ネイラと出会い、そして”神去り子爵家”の継嗣問題に巻き込まれていく。 ネイラとの邂逅の意味、そして〈微睡の雛〉とは——。【目次

  • ボランティアと有償ボランティアの書影 1980円 2022/01/19

    ボランティアと有償ボランティア

    安立清史 福祉

    紙版の出版元は弦書房。無償のボランティアと有償のボランティアは矛盾しているのでしょうか。ボランティア活動に生きがいを見つけて、長くその活動を続けたいと考える人たちにとって、「ボランティア」概念の拡大が必要だと考えるところから、本書はまとめられています。個人や非営利団体が継続的に活動を続けるためには、どういう枠組みを作ればよいのでしょうか。「労働」観、「仕事」観が崩れていく時代で、まったく新しいボランティアの見方を描こうという試みです。〈有償ボランティア〉という概念はなぜ必要なのでしょうか。【目次

  • LOVE FOR SALE <矢代俊一シリーズ12>の書影 927円 2022/01/20

    LOVE FOR SALE <矢代俊一シリーズ12>

    栗本薫 ボーイズラブ

    全国ツアーも終わり穏やかな日々が矢代俊一に戻ろうとしていた。だが、彼に妄執を募らせる渥美公三からの電話の、あまりの理不尽にたまりかねた俊一が仕事を降りたいと言ったことがきっかけとなり、自身をすら破滅させかねない狂気へと渥美公三は突き進む。そして、多数の企業を巻き込んだプロジェクトに関わる契約のために仕事を継続せざるをえない俊一を自分のアトリエに呼び出し、暴虐の限りを尽くす渥美公三。しかしそれが頂点に達したとき、ついにこの妄執も終局の時を迎え、さらに神の苑頌霊教団の脅威も野々村の暗躍により解決に至

  • このごろのことの書影 1430円 2022/01/21

    このごろのこと

    駒村吉重 エッセイ

    資本主義が煮詰まり、消費の量が圧倒的な力を持つようになりました。数と量は、あらゆることの方向性や正否を規定し、ものの価値、人の思考すらも支配する。では、その力に抗うのは、愚かなことだろうか。いったん立ちどまってみてはどうか。この三年の間、そんな思いをかかえて書きだした散文が、ずいぶん多いと気づかされました。たえず、うちなる違和感を言語化してきたのは、わたし自身が正気と方向感覚を保つために必要だったからです。──あとがきより【目次】二〇一八年二〇一九年二〇二〇年二〇二一年「茶飯ごと」のあとがき

  • 気候危機とグローバル・グリーンニューディールの書影 2420円 2022/01/21

    気候危機とグローバル・グリーンニューディール

    ノーム・チョムスキー/ロバート・ポーリン/Fridays For Future Japan/クロニス・J・ポリクロニュー/早川健治 社会学

    気候危機は解決できる。世界で最も引用されている存命中の知識人ノーム・チョムスキーと、世界最大の再エネ投資計画をオバマ政権下で監督したロバート・ポーリンが、気候危機を公正に解決するための「グローバル・グリーンニューディール」構想を語る。現実を冷徹に直視する「心の悲観主義」から、その現実をより良い方向へ変えるための政策や行動に基づく「意志の楽観主義」へと到達する。Fridays For Future Japanのメンバーたちによる力強いまえがきと訳者による最新英文資料の紹介を添えた豪華日本語版。【目

  • 言葉のズレと共感幻想の書影 1760円 2022/01/24

    言葉のズレと共感幻想

    細谷功佐渡島庸平 エッセイ

    「人は言葉を過信している」「スティーブ・ジョブズも歴史に残らない気がする」――「思考」テーマの著作を出し続ける著述家・細谷功と、メガヒットを飛ばし続ける漫画編集者・佐渡島庸平という異色の取り合わせ。言葉、物語、お金、労働、ルール、いいねエコノミー(共感資本主義・格差)、VR(仮想現実)などを俎上にのせ、現代社会を覆う「共感幻想」を「具体と抽象」の往来問答によって深く掘り下げていく。メタの視点を上げるほど虚無主義に近づくが、そうならないためにそれぞれが実践している処方箋にも話が及ぶ。【目次】第1章

  • 月刊 ココア共和国 2022年2月号の書影 275円 2022/01/28

    月刊 ココア共和国 2022年2月号

    秋亜綺羅佐々木貴子秋吉久美子いがらしみきお 詩/短歌/俳句

    毎月、読者から詩作品を募り、新鮮な抒情や、理論と方法論の実験に満ちた素敵な作品たちをていねいに編んでいきます。その投稿詩は、秋吉久美子賞、いがらしみきお賞、YS賞への応募作とみなされ、3月に受賞者を発表します。今月のゲストは、秋吉久美子、いがらしみきお、クマガイコウキ、妻咲邦香、冨上芳秀、能美政通、真土もく、八城裕貴、山田兼士の9名。投稿詩傑作集として42名、佳作集には107名の詩人が登場。毎号、投稿詩を中心に編集していく予定です。詩は楽しくて、深いものだと感じてもらえる編集に努めます。【目次】

1405件中 13011310件を表示

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com