書影

無垢の歌 大江健三郎と子供たちの物語

野崎歓 エッセイ 2200円

作品説明

大江の描く子供たちは、なぜ印象的なのか? 『芽むしり仔撃ち』『洪水はわが魂に及び』から『治療塔』まで。物語に登場する子供に注目し、〈無垢〉への比類なき想像力にせまった、画期的な大江論。読まず嫌いのまま大人になった人へ。これから大江文学と出会う世代へ。

【目次】
第一章 チャイルドライクな文学のために
第二章 学生作家の栄光と不安
第三章 赤んぼうの敵
第四章 一九六九年のパーコーメン
第五章 鳥は歌い、鯨は叫ぶ
第六章 逆転また逆転
第七章 反時代的ゲーム
第八章 神隠し願望…
第九章 男たちよ!
第一〇章 「ただいま」と「お帰り」
第一一章 上品な人間
第一二章 未来の子供
あとがき

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2022/07/12
出版社:ボイジャー・プレス
生きのびるブックス

野崎歓の作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com