書影

くまのがっこうの子育て

あいはらひろゆき 児童書 990円

作品説明

230万部刊行の大人気絵本シリーズ「くまのがっこう」は2022年で刊行20周年。それを記念して作者のあいはらひろゆきが初めて書き下ろした子育てエッセイ。あいはらは長女の出産を機に「くまのがっこう」の制作をスタート。以後、娘の成長や保育園での暮らしを観察しながら、「くまのがっこう」の数々のシリーズを書いていった。「くまのがっこう」とあいはらの子育ては切っても切れない関係にある。ファンにはたまらない制作秘話や美しいあだちなみの絵を楽しめ、子育て中のママパパにはハートフルな子育て論として楽しめる。

【目次】
絵本「くまのがっこう」シリーズとは
はじめにくまのがっこうが生まれたところ
あたりまえのしあわせを届けたくて
今の暮らしがずっと続いたら
子どもらしさと向き合えば
子どもの涙ってすてきだね
あなたのたからものはなんですか?
一生懸命さそのものが愛おしい
「ねえ見て」は「ねえ愛して」のことなんだ
こんなに愛されるのは親であるあなただけ     

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2022/03/04
出版社:ボイジャー・プレス
株式会社サニーサイド

あいはらひろゆきの作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com