書影

大人を本気にさせる子どもたち 社会とつながるリアル・プロジェクト学習

福田晃/山田滋彦 哲学/思想 1496円

作品説明

これぞ、本物の探究学習!
本書は、金沢大学附属小学校3・4年複式学級の「総合的な学習の時間」という授業における2年間の取組みと、それによって引き起こされた現象を記録したものです。地域とのネットワーク構築から社会を巻き込む話題づくり、予想外の展開があったとしても確実に成果を生み出す本物のPBL(プロジェクト・ベースド・ラーニング)の手法を紹介します。プロジェクト型学習を学級で行う上で教師に求められるスキルと授業の進め方、従来の教え方と何が違い何が共通しているのかが、とてもよくわかる本です。

【目次】
はじめに
第1章 学習をはじめる前に
第2章 探究に向かう集団の素地づくりと大目標の設定
第3章 金沢町家にどっぷりつかる
第4章 町家での事業内容の検討、そして提案
第5章 水面下の取り組み
第6章 金沢からかみのさらなる発展
第7章 子どもの探究を支える仕掛け
第8章 学びの越境を生み出すヒューマンネットワーク
第9章 パートナーからの異なる視点
◆「子どもたちとの協働から生まれる未来のかけはし」――やまだのりこさん(建築士)
◆「社会との関わり」――岡部 彩さん(株式会社こはく)
◆「誰一人取り残さない学び」――阿部竹虎さん(北陸中日新聞)
◆「否定しないことがクリエイティビティの第1歩」――灰屋英成さん(金沢市オリンピック関連推進事業室) ほか
おわりに

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2021/07/27
出版社:ボイジャー・プレス
さくら社

福田晃の作品一覧

山田滋彦の作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com