書影

カンカラ鳴らして、政治を「演歌」する

岡大介 エッセイ 1980円

作品説明

「オッペケペッポー ペッポッポー」「ア、ノンキだね」「ヨワッタネ 生活戦線異状あり」
「演歌」とは、明治・大正期に流行した「演説歌」。面白おかしい詞を織り交ぜながら、時の権力や世相を風刺する。政府批判・演説が弾圧された時代、「それならば歌で」と街頭で高らかに歌いあげる演歌師が現れた。その草分けである添田啞蟬坊の流れをくむ現代唯一の演歌師・岡大介20年の記録。1978年生まれの岡は、寄席で、ホールで、「流し」として居酒屋で、そして山谷や西成などの労働者の街で歌い続けている。岡大介「演歌」動画付き!

【目次】
第一章:政治や社会をチクリと刺す「演歌」――尊敬する添田啞蟬坊・知道のこと  
第二章:「無翼」の歌、「庶民翼」の歌――カンカラ三線を持ってどこへでも  
第三章:同世代の流行り歌にこころ動かず――ぼくが「演歌」にたどりつくまで  
第四章:歌ってつながる人の縁――歌と酒と、厳しさと人情と  
第五章:政治の過ちを風刺に変えてまっすぐに――松元ヒロさんに学んだ芸の姿勢  
付 録:岡大介カンカラ演歌集/岡大介自作曲集

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2021/07/15
出版社:ボイジャー・プレス
dZERO

岡大介の作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com