書影

ふたつの誕生日 移植ってわがままですか?

大谷邦郎 ノンフィクション 1210円

作品説明

臓器移植が必要になっても移植はしない…自分が助かっても臓器を提供してくれた相手は自分のせいで死ぬから…そこまでして生きるのも虚しい…手術にすごい大金がかかるので親や周りに迷惑はかけられない……
そう考えますか?

海外で、国内で、臓器移植をおこなった8人の「その後(いま)」。
また、移植待機中に脳死となった4歳の女の子と、我が子からの臓器提供を前にしたときの家族の思い。
そして、移植している子どもたちは「もっと、わがままになっていい」と言う移植コーディネーター。その心のうちが明かされる。

【目次】
まえがき――“ボクチン”と“アタシ”――

1部 ミッション
0章 臓器移植者とその家族はどうしているのだろう
1章 命について考えるようになったこととは
2章 移植普及のため、できることはある?
3章 共有されない体験

2部 レッテル
1章 移植後を第二の人生として
2章 脳死移植はヘビー、生体移植のほうがライト?!
3章 クールな傷だらけのヒーロー

3部 タブー
1章 善意と悪意の渦
2章 悔いのない選択
3章 「再」移植の重い扉
4章 大切な人と命について語り合いたい

あとがきにかえて 国際移植者組織トリオ・ジャパン会長 青山竜馬

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2022/07/25
出版社:ボイジャー・プレス
はる書房

大谷邦郎の作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com