書影

データが示す福岡市の不都合な真実 180万人都市にするために必要な5つの処方箋

木下敏之 日本経済 1540円

作品説明

福岡市の人口は、このままなにも対策を講じなければ、2035年には165万人で頭打ちになるといわれている。しかし、問題に気づき、今から対策を打てば2050年に180万人都市になることも夢ではない。
福岡市は、九州で最も子供が生まれない「超少子化」の町。
福岡市民一人当たりの所得は、30年間ほぼ横ばい。
貧困児童の割合が政令指令都市中、最悪……。
データが示す福岡市の「本当の姿」から目を背けず、福岡市のポテンシャルを最大限に活かすための5つの政策を紹介。

【目次】
[第1部]データが示す福岡市の不都合な真実
1.福岡市民の所得は30年間横ばい。実質的に減少
2.子供が生まれない福岡市
3.福岡市の経済は全九州を相手に卸売・小売業で稼ぐ内需型
4.低下し続けている福岡市の国際的地位
5.2070年まで激増する65歳以上

[第2部]福岡市民の所得を増やすための政策提案
1. 自社の消費のうち「毎年1%を地場産に切り替える5年計画」の策定
2. 福岡市版こども保険の創設 2050年に福岡市の人口を180万人に
3. 福岡市の国際的地位と都市としての魅力を高める対策とは
4. 何歳であっても働きたいシニアの仕事を作る
5.南海トラフ 首都直下型地震を利用する

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2022/07/17
出版社:ボイジャー・プレス
梓書院

木下敏之の作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com