書影

興安嶺颪吹き荒れて 敗戦の満洲 脆く崩れていくものの影を 少年は見た

山本直哉 文学 2200円

作品説明

私は、終戦までの五年間を、満州国に住んでいましたので、激動期の戦前戦後の体験を書いてみました。また、もう一つの課題として、当時の白系ロシア人のおかれた悲劇的な状況を書き表しました。敗戦の満洲で、白系ロシア人ほど立場の弱い人たちはいませんでした。 いずれにしても、戦争というもののむごたらしさがもたらした結果です。私は、この作品に「平和への祈り」と、「遺言」を込めました。

【目次】
第1章  横道河子というところ
第2章  ヒットラーとロシナンテ
第3章  氷の家
第4章  復活祭
第5章  井上ホテルの崩壊
第6章  さらば横道河子
第7章  陶頼昭の夜
第8章  新京到着 木材会館
第9章  棄民=四等国民を生きる
第10章  李浩全との出会い
第11章  日本人狩り
第12章  日僑俘=日本人捕虜
第13章  雪の朝
第14章  半風子は知っている
第15章  死者の母音
第16章  新しい年に
第17章  兄・芳樹の日記抄
第18章  春節吉報 ソ連軍撤退
第19章  共産軍入城 タチヤーナとの別れ
第20章  父の長城
第21章  中央政府軍長春奪還
第22章  黄昏の別離 胡蘆島から佐世保へあとがき

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2021/08/20
出版社:ボイジャー・プレス

山本直哉の作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com